キヤノンはヘルスケアカンパニーへ。

テクノロジーを、いのちのために。
キヤノンは、医療システム分野において世界で高く評価されている
東芝メディカルシステムズをグループに迎え入れ、
2018年1月4日、「キヤノンメディカルシステムズ」が誕生しました。
患者さんのために、あなたのために、そして、ともに歩むために。
「Made for Life」の理念のもと、世界の人々の健康を支え、
安心・安全な社会の実現を目指します。

先進テクノロジーを駆使した「画像診断システム」※1、「ヘルスケアIT」※2
そして「体外診断システム」※3の3つを柱に、
医療のさらなる発展に貢献していきます。

キヤノンメディカルシステムズ、始動。

  • ※1画像診断システム:CT、MRI、超音波などによる高精細な医療画像で、臨床ニーズに応えます。
  • ※2ヘルスケアIT:ICTを駆使した最先端の診断支援システムやネットワークソリューションを提供します。
  • ※3体外診断システム:患者さんから採取した血液などの検体を高精度かつ迅速に分析し、検査ワークフローをサポートします。