商業印刷

オセ社とのパートナーシップにより、デジタル商業印刷の可能性を追求し、総合プリンティングカンパニーとして事業領域の拡張をめざしています。

長い間オフセット印刷が主流を占めていた商業印刷の世界は、デジタル化によって大きな変化を遂げようとしています。急増する多品種少部数の印刷ニーズや、光沢紙や圧着紙、ノンカーボン紙といった用紙メディアの多様化に応える技術として、デジタル印刷が業界の注目を集めているのです。
ホームやオフィス向けのプリンティング事業を中心に展開してきたキヤノンは、総合プリンティングカンパニーとして、世界中のお客さまのあらゆるニーズに応えるため、オランダのオセをグループに迎え入れました。

オセの業務用高速・連帳プリンターJetStream

オセは、130年以上の歴史を誇る欧州最大手の老舗企業で、安定性と生産性に優れた高速・連帳プリンターや業務用大判プリンターは、市場から絶大な支持を得ています。
このオセとキヤノンが持つ技術を融合させ、補完関係を構築することによって、超高速印刷や1枚ずつ印刷内容が違うバリアブル印刷など、適応領域の拡大を実現してきました。さらに、グローバル多角化を推進する上でも、オセとのパートナーシップが欠かせません。例えば、セラミックや金属、プラスチックなど紙以外の素材への印刷や、本物の質感をプリンターで再現する2.5次元の質感印刷技術の開発に挑戦。パッケージなど産業印刷分野も視野に入れ、両社の強みを生かしながら、デジタル印刷の新たな可能性を追求していきます。