フィルムカメラ

35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ

A-1

A-1

A-1

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
  • 広告
発売年月 1978年(昭和53年)4月
発売時価格 114,000円(FD50mm F1.4SSC付き)
83,000円(ボディ)

AE-1に始まるAシリーズ一眼レフカメラの最高級機種で、完全デジタル制御による高度な電子カメラであった。
自動露出制御の方式は、シャッタースビード優先式/絞り優先式の両優先式TTL・AEに加え、初の完全自動プログラム式AE、絞り込み実絞りAE、そして、スピードライトAEの5モードAEを搭載していた。
ファインダー内情報も、制御機能を明快に示す7セグメントの赤色LED表示方式を採用、設定値と制御値が同等に示される機能から、使い勝手は抜群であった。
AE-1と同時開発のパワーワインダーAの他に、秒間最高5コマのコンパクトなモータードライブMAが用意され、このモータードライブには使い易い縦位置用のシャッタースピードボタンも付いていた。またバウンスも出来るスピードライト199Aも用意された。
ボディは、精悍な黒色塗装仕上げだった。

型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ FD55mm F1.2SSC、FD50mm F1.4SSC
マウント FDマウント
シャッター 4軸式の布幕横走行フォーカルプレーン1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1、2、4、8、15、30秒、B、X、全速電子制御式、10、2秒の時限調節式セルフタイマー内蔵(LED点滅作動表示)、多重露出可能 (多重露出レバーのセットによる)、レリーズ方式は電磁式
フラッシュシンクロ X接点、ドイツ型ソケットおよびホットシュー式
ファインダー ペンタ固定アイレベル式、倍率0.83倍、視野率=上下93.4%、左右95.3%、スクリーン中央にスプリットイメージ式距離計、その周辺にマイクロプリズム式距離計を備えたフレネルマット式、アイピースシャッター機能付き、サービスの対応の交換スクリーン6種完備、

* 後に スクリーンは明るくシャープネス性能に優れたレーザーマットに変更

ファインダー内情報 7セグメントの赤色LEDによるデジタル表示(シャッタースピード、絞り値、専用スピードライト使用時の 充電完了信号、マニュアル表示他、各種の警告信号)
測光・露出制御 SPC素子使用、TTL開放中央重心平均測光/TTL絞り込み測光、露出補正機構=±2EV、AEロック可能、AEモードはシャッタースピード優先式AE、絞り優先式AE、プログラム式AE、絞り込み実絞りAE、スピードライトAE、(専用スピードライト使用時)の5モード、モード入力はセレクターによるダイヤルインプット方式、測光連動範囲はEV-2~18(ISO100:F1.4)、フィルム感度使用域はISO 6~12800(1/3ステップ)
使用電源 6Vの4G-13型酸化銀電池又は4LR44アルカリマンガン電池1個、バッテリーチェックはボタン押しLED 点滅周期式
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み式、上部レバー120度回転、予備角30度(小刻み巻き上げ可能)
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式(巻き戻し時逆算)
フィルム巻き戻し 折り畳み回転クランク式
大きさと質量 141×92×48mm、620g(ボディ)
カタログ
カタログ
カタログ
広告