フィルムカメラ

35mmレンズシャッター式カメラ

AF35M (オートボーイ)

Sure Shot

AF35M

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
  • 広告
発売年月 1979年(昭和54年)11月
発売時価格 42,800円
2,000円(ケー ス)

近赤外発光ダイオードを使用した三角測量方式による、発売当時世界最初のレンズシャッター式35mmオートフォーカスカメラ。
近赤外発光ダイオード(IRED)を投光用に、ピンフォトダイオードを受光用に用いたアクティブ方式。
シャッターボタンを半押しすると、IREDから近赤外光が被写体を走査しながら発せられる。被写体に当たって跳ね返った近赤外光は、ピンフォトダイオードで受光する。この際にできる二重像合致式の光学距離計と同じ原理の三角測量方式が成立し、レンズは自動的に被写体までの距離に当たる位置まで繰り出され、ピントが合うのである。近赤外光の特性から暗い撮影条件でもピン卜合わせができる特徴から大ヒット。「オートボーイ」という愛称は、AFコンパクト機の代名詞になった。

型式 35mmレンズシャッター式オートフォーカス・プログラムEEカメラ、スピードライト内蔵
画面サイズ 24×36mm
AF方式 近赤外光投射による三角測量方式、プリフォーカス可能
標準レンズ 38mm F2.8(3群4枚構成)
シャッター 絞り兼用電子制御プログラム式、EV6(1/8秒、F2.8)~17(1/500秒、F16)、セルフタイマー内蔵(電子制御式)
ファインダー ブライトフレーム付き逆ガリレオ式、視野内にオートフォーカス用フレーム、近・中・遠距離のゾーンフォーカスマークと距離指針、近距離補正マーク、バッテリーチェッカー兼手振れ警告、倍率0.5倍、視野率85%
EE機構 CdS式、完全自動プログラム式EE、測光連動範囲=EV6~17(ISO 100)、フィルム感度使用域=ISO 25~400
内蔵スピードライト ガイドナンバー14(ISO 100・m)、手動ポップアップ式、デーライトシンクロ可能
使用電源 1.5Vの単3型電池2本(スピードライト用電源と併用)
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み、裏蓋閉じでレリースボタン押し、内蔵モーターによる自動巻き上げ
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式
フィルム巻き戻し 巻き戻しスイッチ操作による電動自動巻き戻し式
大きさと質量 132×77×54mm、405g
カタログ
広告