開く

経済 マネジメントアプローチ

経済側面における重要課題

キヤノンは、消費者の皆さまに新しい豊かさを、産業界の皆さまに新たな価値創造や生産性向上をもたらす多様な製品・サービスを提供しています。そして、これらの経済活動によって得た利益を、事業に関わる多様なステークホルダーの皆さまに適切に還元することが、各国・地域の発展に好影響をもたらすと考えています。
この認識のもと、キヤノンでは、事業を展開する国・地域のルールに則した納税義務を果たすことを、最も基本的かつ重要な社会的責任と位置付けています。そして、サプライチェーンを形成する取引先との継続的な関係構築と適正で確実な支払いの履行、人材の雇用と給与・福利厚生の充実、株主への安定した配当、地域コミュニティへの継続的な寄付・社会貢献活動などさまざまな側面から地域経済の発展に貢献しています。

雇用の確保

キヤノンは、世界で約20万人の人材を雇用しており、これによって与える地域への経済的影響は少なくないものと認識しています。
各国・地域で事業を展開するにあたっては、現地社会の文化や生活、ビジネス習慣を知る現地人材を雇用・育成し、経営幹部へと登用することを重視しています。これにより、現地社会に根ざした事業を展開するとともに、雇用の安定に貢献しています。
加えて、ノーマライゼーションの観点から障がい者の社会進出支援にも注力しています。

地域社会への経済貢献

キヤノンが事業を展開する国・地域の中には、教育や医療などの生活インフラが未整備な地域があります。キヤノンは、企業活動は地域社会の健全かつ持続的な発展があってこそ成り立つとの考えから、適正な納税はもちろんのこと、貧困地域における支援活動に注力しています。また、グループの資金や人材、技術、製品などのリソースを生かして、教育環境や医療環境の整備などを支援することで、生活水準の向上に貢献しています。

関連するSDGs

1 貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

3 すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

4 質の高い教育をみんなに

すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

17 パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する