開く

認知・思考に関わるもの

認知・思考に関する項目です。
ユーザーは必ずしも合理的ではなく、様々な条件によって影響を受けるため、細かな配慮が必要である、という点に着目ください。

頭が働かない/注意力が続かない

単調な作業を繰り返していると集中力がなくなります。
気持ちが焦っていると、単純な操作でも間違えてしまうことがあります。
操作にメリハリをつける、失敗しても回復しやすい工夫をすることが必要です。

同じエラーを繰り返す

慣れ親しんだ使い方や用語と違っていると、混乱してしまいます。
自分の想像と違う使い方だと、なかなか本当の使い方が分からなくなります。
できるだけ一般に親しまれている使い方や用語、一貫性のある使い方にすることが重要です。

思い通りにできない

日常で不慣れな操作や複雑な操作は、説明を見ても、なかなかうまくできません。
頭ではわかっても、身体が動かないこともあります。
複雑で細かい操作や、組み合わせ操作(〜しながら〜する)などは、できるだけ設けない工夫が必要です。

思い出せない

前に使ったことがあるのに、次に使うときにいつも思い出せないことがあります。
見慣れていない記号や、なんとなく出来たというものは、なかなか覚えられないものです。
できるだけ一般的な考え方に沿って、操作や図、用語を覚えやすくする工夫が必要です。

理解に時間がかかる/覚えられない

複雑な仕組みはなかなか理解できません。関連が分からない情報は覚えづらいものです。
覚えやすいのはもちろん、覚えなくても操作できる工夫が必要です。

覚える気がしない

使う人は、結果がほしいのであって、製品を使うこと自体は目的ではありません。
特にオフィス機器は、覚えようという意欲を持ちにくいものです。
読みやすいマニュアルや、使う人が試行錯誤しやすい(間違ってもかんたんに回復できる)工夫が必要です。

識別できない

見慣れない外来語や専門用語は、すぐには違いが分からないことがあります。
また見えていても、意味が分からなければ頭に入ってこないものです。
できるだけ親しみのある用語や図にする、重要な情報は繰り返すなどの工夫が必要です。

因果関係がよめない

「どうしてこうなったの?」と悩むのはストレスです。どうすれば問題を避けられるのか、原因と結果が分かりやすい見せ方、伝え方が求められています。

周辺情報に気を引かれる

急に電話が鳴るなど、つねに操作に集中していられるわけではありません。
何らかの事情で操作を中断しても、すぐに再開できて、思い出せる分かりやすさが必要です。

周囲を見ない

たとえば操作画面に集中していると、画面の外に表示される情報やボタンに気づかないことがあります。また、関心がないものについては見えていても意識されないものです。
視線の誘導や、音、光など、さまざまな手段で使う人に気づいてもらえる工夫が必要です。