how to
photograph
birds

露出を知れば、写真がぐっと良くなります

「絞り(F値)」「シャッタースピード」「ISO感度」を調節していろいろ写真を撮ってみたけど、 曇り空で白い鳥を撮影したらグレーっぽくなってしまいました。 それなら「露出補正」機能にお任せ!

イメージ
アオバト
アオバト
アオバト
拡大する

標準露出はカメラが極力失敗をしないように明るさを調整します。中間の明るさが一番いいわけではなく、作者がどれを正解とするかになります。個人的にはこれくらいの露出オーバーは許容範囲です。

撮影データ
  • 絞り:F5.6
  • シャッタースピード:1/125秒
  • ISO感度:100
  • 露出補正:+1.7
  • 焦点距離:500mm
  • 一眼レフカメラ(フルサイズ)

「野鳥の撮りかた10」をシェア

  • Share on Facebook
  • Share on twitter
  • Share on Google+
  • Pinterest
  • LINEで送る

露出ってなに?

イメージ

露出とは、一般的には写真の明るさのことを言う場合が多く、「露出補正」機能を使うことで写真の明るさを変えることができます。例えば、白いものをより明るく写すにはプラスに露出補正、黒いものをより暗く写すにはマイナスに露出補正します。


露出の補正方法

イメージ

1 ファインダーをのぞき、シャッターを半押しした後、背面のダイヤルを操作して露出を調整します。

イメージ
露出の補正方法

2 +になると明るくなり、-で暗くなります。 最適な補正量を探すために、”撮影しては背面モニターを見る”ことを何度かやってみましょう。

イメージ
ファインダーをのぞいて操作すると簡単

イメージ
露出補正のイメージ

露出アンダー

光量が少ないので画面が暗くなりトーンやディテールが潰れている。

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/1250秒
ISO感度
100
露出補正
-1.7
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(フルサイズ)
イメージ
露出アンダー
露出アンダー
露出アンダー
拡大する

標準露出

光量が適切で見た目に近く、色やトーンもきれいに再現されている。

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/400秒
ISO感度
100
露出補正
0
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(フルサイズ)
イメージ
標準露出
標準露出
標準露出
拡大する

露出オーバー

光量が多く画面が白っぽい。トーンやディテールが飛んでいる。

絞り
F5.6
シャッタースピード
1/125秒
ISO感度
100
露出補正
+1.7
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(フルサイズ)
イメージ
露出オーバー
露出オーバー
露出オーバー
拡大する

写真の明るさは3つの数値の関係で決まる

イメージ

前述したとおり、写真の明るさは、「絞り(F値)」「シャッタースピード」 「ISO感度」の関係で決まります。何通りもの組み合わせが存在するので、頭が混乱するかもしれません。しかし一度理解してしまえば、それほど難しくはありません。

例えば撮影モードが「Tv(シャッター優先AE)」の場合、手動で設定した「シャッタースピード」に合わせて、カメラが「標準露出」になるよう自動的に「絞り(F値)」をコントロールします。逆に、「Av(絞り優先AE)」の場合は、手動で設定した「絞り(F値)」に合わせて、カメラが「標準露出」になるよう自動的に「シャッタースピード」をコントロールします(下表参照)。

シャッタースピードと絞りの関係

イメージ イメージ
機能描画モード 絞り(F値) シャッター速度 ISO感度 露出補正 特徴
A
(全自動)
AUTO AUTO AUTO AUTO 撮影シーンに適した設定を自動的におこなうカメラまかせの全自動撮影
P
(プログラムAE)
AUTO(※) AUTO AUTO(※) AUTO(※) 被写体の明るさに応じて、シャッタースピードと絞りを自動的に設定するので手軽に撮影
Tv
(シャッター優先AE)
AUTO 手動 AUTO(※) AUTO(※) 動きの速い被写体が止まっているような写真、流れているような写真を撮影
Av
(絞り優先AE)
手動 AUTO AUTO(※) AUTO(※) 背景をぼかした写真など、ピントの合う範囲を調整した写真を撮影
M
(マニュアル露出)
手動 手動 AUTO(※) じっくり設定できる高等テクニック

撮影モード:A(全自動)

絞り(F値)
AUTO
シャッター速度
AUTO
ISO感度
AUTO
露出補正
AUTO
特徴
撮影シーンに適した設定を自動的におこなうカメラまかせの全自動撮影

撮影モード:P(プログラムAE)

絞り(F値)
AUTO(※)
ISO感度
AUTO
シャッター速度
AUTO(※)
露出補正
AUTO(※)
特徴
被写体の明るさに応じて、シャッタースピードと絞りを自動的に設定するので手軽に撮影

撮影モード:Tv(シャッター優先AE)

絞り(F値)
AUTO
シャッター速度
手動
ISO感度
AUTO(※)
露出補正
AUTO(※)
特徴
動きの速い被写体が止まっているような写真、流れているような写真を撮影

撮影モード:Av(絞り優先AE)

絞り(F値)
手動
シャッター速度
AUTO
ISO感度
AUTO(※)
露出補正
AUTO(※)
特徴
背景をぼかした写真など、ピントの合う範囲を調整した写真を撮影

撮影モード:M(マニュアル露出)

絞り(F値)
手動
シャッター速度
手動
ISO感度
AUTO(※)
露出補正
特徴
じっくり設定できる高等テクニック

※手動で調整することもできます。


自分が意図する「適性露出」をみつけよう

イメージ

カメラの「標準露出」が、必ずしも撮影者の撮りたい明るさになるとはかぎりません。極端に暗い写真や白トビしたような写真でも、撮影者が意図した明るさであれば、それが「適正露出」です。カメラによる「標準露出」から変えたい場合には、プラスマイナスして、自分が表現したい明るさに近づけましょう。

実際に撮ってみました

野鳥撮影では、鳥を驚かすといけないのでフラッシュが使えません。暗い場所ではうまく撮ることができずに困っていましたが、自分で明るさを変えられるのですね。普通に撮影すると白鳥の色がグレーに見えていたものが、露出をプラスに補正すると、きれいに見えるようになりました。

  • イメージ
    ハクチョウ(生徒撮影)
    ハクチョウ(生徒撮影)
    ハクチョウ(生徒撮影)
    拡大する

    絞り
    F5.6
    シャッタースピード
    1/400秒
    ISO感度
    400
    露出補正
    0
    焦点距離
    300mm
    一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)
  • イメージ
    ハクチョウ(生徒撮影)
    ハクチョウ(生徒撮影)
    ハクチョウ(生徒撮影)
    拡大する

    絞り
    F5.6
    シャッタースピード
    1/400秒
    ISO感度
    800
    露出補正
    +1
    焦点距離
    300mm
    一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)

戸塚先生のコメント

カメラが自動的に判断する「標準露出」では、白を暗く、黒を明るく写してしまうことがあります。
そんな時、手動で露出補正を行えば思い通りの露出にすることができます。
補正値0:標準露出 少し暗い印象。白い羽がグレーに見える。
補正値1:適正露出 白が白としてきれいに表現されている。