how to
photograph
birds

Av(絞り優先AE)モードで撮ってみましょう

草むらでエサを食べている鳥が目立つように、背景をボカしたいんだけど・・・ そんなときは「Av」モードの出番です! ≪このモードを「A」モードというカメラもあります≫

イメージ
アオサギ
アオサギ
アオサギ
拡大する

本来は、顔に枝がかぶる写真は失敗です。しかし、ここでは絞りの違いがよりはっきりとわかる作例として、このようなシーンを撮影してみました。

撮影データ
  • 絞り:F4
  • シャッタースピード:1/2500秒
  • ISO感度:1600
  • 露出補正:-0.3
  • 焦点距離:500mm
  • 一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)

「野鳥の撮りかた8」をシェア

  • Share on Facebook
  • Share on twitter
  • Share on Google+
  • Pinterest
  • LINEで送る

Av(絞り優先AE)モードで撮れる写真ってどんなの?

イメージ

「Av(絞り優先AE)」モードは、撮影者が自由に「絞り(F値)」を設定できる撮影モードです。
小さい絞り数値で背景をボカしたり、反対に大きい絞り数値で手前から遠くまでピントを合わせるなど、任意の絞り数値にすることでボカし具合を変えることができます。

※数値が大きくなるほど、レンズの絞り径は小さくなります。表示される絞り数値はレンズによって異なります。


ピントの合う範囲(被写界深度)ってなに?

イメージ

「絞り(F値)」を変えてピントが合う範囲を調整します。ピントが合う範囲のことを「被写界深度」と言います。「被写界深度が深い」とは近くから遠くまでピントが合っている状態です。逆に「被写界深度が浅い」とはピントが合っている範囲が狭く、手前や背景などがボケている状態になります。

イメージ
絞り(F値)のイメージ

「絞り(F値)」を調節してみよう

イメージ

1 撮影モードを「Av(絞り優先AE)」に設定します。

イメージ

2 「絞り(F値)」の操作を行います。ダイヤルを回し、数字を確認しながら撮影しましょう。

イメージ
ダイヤルを操作して「絞り(F値)」を調整

3 「絞り(F値)」は数値が小さいほど「絞り」が開いている(被写界深度が浅い)状態、数値が大きいほど絞り込んでいる(被写界深度が深い)状態です。

イメージ
ファインダーをのぞくと簡単

イメージ
絞り(F値)のイメージ

基準(絞り F8)

適度に背景がボケている。背景の雰囲気を残しつつ、主役を浮き立たせている

絞り
F8
シャッタースピード
1/250秒
ISO感度
800
露出補正
-0.3
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)
イメージ
アオサギ(絞り F8)
アオサギ(絞り F8)
アオサギ(絞り F8)
拡大する

被写界深度が深い(絞り F22)

バックの竹林が、はっきりと認識できる。しかし、手前の竹の葉や顔にかぶる枝もしっかりと描写されてしまっており、ごちゃごちゃとうるさい印象を感じる。

絞り
F22
シャッタースピード
1/60秒
ISO感度
800
露出補正
-0.3
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)
イメージ
アオサギ(絞り F22)
アオサギ(絞り F22)
アオサギ(絞り F22)
拡大する

被写界深度が浅い(絞り F4)

顔にかぶる枝がボケて、形がわかりづらくなっているので、あまりうるさく感じない。バックの竹林も原型がわからないくらいにボケており、緑色と青色のグラデーションの背景に、アオサギだけが浮き上がって見える。

絞り
F4
シャッタースピード
1/1000秒
ISO感度
800
露出補正
-0.3
焦点距離
500mm
一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)
イメージ
アオサギ(絞り F4)
アオサギ(絞り F4)
アオサギ(絞り F4)
拡大する

「絞り」「シャッタースピード」と「明るさ(露出)」の関係

これらの写真ではISO感度を800に固定しています。絞り(F値)が手動で変更されると、それに応じてシャッタースピードが自動的に変化し、明るさ(露出)を一定に保ちます。しかし動きのある被写体の場合、「シャッタースピード」が遅くなると手ブレや被写体ブレが生じやすくなるので注意が必要です。

イメージ イメージ

実際に撮ってみました

あまり動かないヤマドリを被写体に、「Av(絞り優先AE)」で「ISO感度」をAUTOにして、「絞り(F値)」を変えながら撮影してみました。「絞り」を開放すると、あこがれの背景ボケ写真が簡単に撮れます。ピントの前後はボケて被写体が引き立つので、かっこいい写真になりました。

撮影時の設定

Av(絞り優先AE)+ISO AUTO+露出補正-1 ※今回の絞りはF22、F11、F5.6の3種類

  • イメージ
    ISOボタンを押してダイヤルを操作し、AUTOを選択してもう一度ISOボタンを押す
  • イメージ
    ダイヤルを操作して「絞り(F値)」を設定
  • イメージ
    ファインダーをのぞいて操作すると簡単
  • イメージ
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    拡大する

    絞り
    F22
    シャッタースピード
    1/400秒
    ISO感度
    6400
    露出補正
    -1
    焦点距離
    300mm
    一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)

  • イメージ
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    拡大する

    絞り
    F11
    シャッタースピード
    1/400秒
    ISO感度
    2500
    露出補正
    -1
    焦点距離
    300mm
    一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)

  • イメージ
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    ヤマドリ(生徒撮影)
    拡大する

    絞り
    F5.6
    シャッタースピード
    1/400秒
    ISO感度
    640
    露出補正
    -1
    焦点距離
    300mm
    一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)

戸塚先生のコメント

「絞り(F値)」が小さければ小さいほど、周囲がボケた写真になります。「絞り(F値)」の範囲はレンズによって異なり(野鳥の撮り方②参照)、小さいF値で撮影が可能なレンズは「明るいレンズ」と呼ばれ、サイズも大きいです。

絞り F22(絞り込んだ)

絞り込む(F値が大きい)ことで被写界深度が増し手前から奥までピントが合っている

絞り F11 (中間)

羽根がしっかりと描写され、絞り22の写真より周囲の葉がボケているのがわかる

絞り F5.6 (開放)

目にはピントが来ているが、胸辺りの羽のピントが若干甘くなり、周囲の葉が目立たなくなっている