開く

環境活動の主な沿革2010~

方針、組織
主な活動と成果
2010
2010
  • 改正PRTR法への対応を完了
  • トナーカートリッジリサイクルプログラム20周年
  • 「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始
2011
  • グローバル優良企業グループ構想PhaseIV「環境先進企業としての基盤の確立」
  • 「キヤノングル—プエネルギー管理委員会」を発足
  • 「節電対策プロジェクトチーム」を設置
2011
  • 回収複写機リサイクル工程での異物除去技術を確立
2012
  • 「キヤノングループCSR活動方針」制定
  • 「環境品質本部」設置
2012
  • 「化学物質統合管理システム」(成型品含有化学物質)稼働
  • 経団連及び電機・電子業界の「低炭素社会実行計画」(2013年〜2020年)への参加を表明
  • 「imageRUNNER ADVANCEシリーズ」のうち9モデルが複合機で初めてカーボンフットプリント宣言認定を取得
2013
  • 「生物多様性方針」策定
  • 「環境統括センター」設置
2013
  • 米国環境評価システム「EPEAT」で複合機8機種が、画像機器製品分野で最高ランクのゴールド製品として登録
  • キヤノンバージニアが製造業者として初めて米国R2認証を取得
  • 「未来につなぐふるさと基金」を設立
2014
  • 森林資源の配慮に向けた「木材製品調達における基本方針」策定
2014
  • 「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度を複合機で初めて導入
  • 温室効果ガス(GHG)の排出量データに第三者検証を導入
  • キヤノンUSA本社ビルが米国グリーンビルディング環境/省エネ認定基準(LEED)のゴールド認証を取得
  • キヤノンUSAのアトランタ倉庫が米国グリーンビルディング環境/省エネ認定基準(LEED)のバージョン4「倉庫・物流センター」のカテゴリーで初の認証を取得
  • キヤノンオーストラリア本社ビルでの環境に配慮したオフィス作りが評価されThe Green Building Council of Australiaによる持続可能性を評価する「5 Green Stars」規格を取得
  • キヤノンバードブランチプロジェクトを開始
2015
2015
  • カートリッジ回収リサイクルサービスに経済産業省のどんぐりポイント制度を導入
  • トナーカートリッジリサイクルプログラム25周年
  • キヤノンエコロジーインダストリーにトナーカートリッジ自動リサイクルシステムを導入
2016
2016
  • 経済産業省が推進するカーボン・オフセット制度を、プロダクションプリンター、高速カラー複合機および印刷物に導入
  • 「未来につなぐふるさとプロジェクト」が国連生物多様性の10年日本委員会の連携事業として認定