キヤノン製品の環境配慮

インクジェットプリンター
PIXUS / MAXIFY /
imagePROGRAF

 

インクジェットプリンター | PIXUS/MAXIFY/imagePROGRAF インクジェットプリンター | PIXUS/MAXIFY/imagePROGRAF

インテリアにフィットするスリムなデザインは資源の節約にもつながっています。

キヤノンでは、限りある資源を効率よく利用するために、開発段階から製品本体の小型・軽量化を進めています。
家庭用インクジェットプリンター『PIXUS』では、内部機構レイアウトの最適化、駆動機構の見直し、ならびに印字ヘッドの移動範囲を用紙幅(A4縦)に近づけることで、本体の小型化を実現しました。その結果、『TS8030』では、『MG6230』(2011年モデル)と比較して、容積で約44%、質量で約29%の小型・軽量化を達成しました。これらの小型・軽量化の取り組みにより、原材料に関するCO2排出量も26%削減しています。

本体の小型・軽量化 本体の小型・軽量化

本体の小型・軽量化

原材料に関するCO2排出量 原材料に関するCO2排出量

原材料に関するCO2排出量

また、製品本体の小型化により、『TS8030』では『MG6230』と比べて個装箱が約31%小型化しました。

個装箱の小型化 個装箱の小型化

個装箱の小型化

製品の小型化は、物流の効率化にも貢献します。

『PIXUS』本体および個装箱の小型・軽量化により、輸送時のCO2排出量の削減に貢献しています。また、本体および個装箱の小型化により、40フィートコンテナの積載数が約1.25倍向上しました。

コンテナ積載効率の向上 コンテナ積載効率の向上

コンテナ積載効率の向上

輸送時のCO2排出量 輸送時のCO2排出量

輸送時のCO2排出量

ビジネスの場で活躍するプリンターも、より小さく、運びやすくなりました。

大判インクジェットプリンター『imagePROGRAF』の『PRO-6000S』は、『iPF9400S』(2012年モデル)と比較して横幅が30cm小さくなりました。60インチサイズモデルでありながら、1サイズ下のB0ノビモデル並みの横幅を実現しています。その結果、設置スペースを約13%削減しました。
さらに、『PRO-6000S』では、『iPF9400S』(2012年モデル)と比べ、約1.63倍の40フィートコンテナ積載数を実現しています。

また、ビジネスインクジェットプリンター『MAXIFY』の『MB5430』でも、個装箱の小型化により、『MB5330』(2014年モデル)と比べ、40フィートコンテナ積載数が約1.33倍に増加しています。