国立博物館 綴プロジェクト さあ、絵の中へ 親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験 Diving into Screen Paintings 2017年7月4日 火曜日から9月3日 日曜日 東京国立博物館 本館 上野公園
お知らせ

展示のみどころ

今年の東京国立博物館の夏休み企画「親と子のギャラリー」では、綴プロジェクトによる高精細な複製と最新鋭の映像プロジェクションを組み合わせ、屏風に描かれた世界をダイナミックに演出します。作品は長谷川等伯の国宝「松林図屏風」と尾形光琳の「群鶴図屏風」。通常はガラスケースの中に展示される屏風を、間近で鑑賞するまたとない機会でもあります。名画のなかに入り込む新しいアート体験をお楽しみください。

イベント情報

ワークショップやハンズオンでもびょうぶ体験★
ワークショップ
「びょうぶをつくる」
事前申込制
屏風の鑑賞と研究員によるレクチャーのあと、自分だけの屏風をデザインし、昔の屏風と同じ構造の屏風に仕立ててみましょう。
開催日時:8月13日(日) / 20日(日)10:00-12:30
対象:小学生とその保護者 各回10組
申込締切:7月20日(木)必着
詳細・お申込は東京国立博物館Webサイト
ハンズ・オン コーナー
毎日開催
屏風のミニチュアで遊びながら、屏風について楽しく学べます。
日時:会期中毎日 10:00~閉館時間まで
7月30日はキッズデー
芝居仕立てのギャラリートークや子どもコンサートなど、一日博物館で遊べる子どもたちのための企画がいっぱい!

動画

びょうぶをつくる

ミニチュアびょうぶをつくってみよう!
Canon Creative Parkでは、松林図屏風や群鶴図屏風のペーパークラフトをダウンロードできます。
おうちのプリンターで印刷して、ミニチュア屏風をつくってみましょう。

開催概要

開催期間 7月4日(火)~ 9月3日(日)
開催場所 東京国立博物館(上野公園) 本館 特別4室 特別5室
開館時間 9:30 ~ 17:00
※金・土曜は~21:00、日曜・祝日は~18:00。入館は閉館の30分前まで。
休館日 月曜日
※7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館。
観覧料 一般 620円(520円)/ 大学生 410円(310円)
※( )内は20名以上の団体料金。特別展は別料金。
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した方(子ども1名につき同伴者2名まで)は団体料金となります。
主催 東京国立博物館、キヤノン株式会社
協力 京都文化協会、株式会社カネカ

アクセス

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

(JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅・東京メトロ千代田線根津駅・京成電鉄京成上野駅より徒歩15分)

pagetop