開く

マーケティング

さまざまな販売チャネルを通じて、お客さまに製品やサービス、ソリューションを提供するのがグローバルに展開する販売会社です。開発や生産と高度に連携するサプライチェーンマネジメントにより必要なものを必要なときに、世界中にお届けするネットワークを整えています。
さらに、お客さまからいただいた貴重なご意見を、製品開発へフィードバックする役割も担っています。

Europe

europe-00

欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)の約120の国・地域でビジネスを展開するキヤノンヨーロッパは、顧客志向型のマーケティング活動に取り組み、既存事業の強化と新たな領域でのビジネス拡大を進めています。2017年は販売チャネル強化に加え、モバイルプリンティングやクラウドビデオ管理サービスで戦略的なビジネス活動を実施。BtoB領域では、「See the Bigger Picture」をテーマにマーケティングを展開するとともに、コンシューマー分野では、「Live for the Story」をテーマに、写真の撮影・保存・共有が生み出す価値を訴求。映像関連の見本市「Photokina」への出展などを通してマーケティング活動を進めていきます。

Americas

america-00

北米、中南米地域を統括するキヤノンUSA。顧客志向型のマーケティング活動によりeコマースを強化し、既存事業、新規事業ともに着実にマーケットシェアを拡大しています。映像制作関連では、映画やテレビ業界のプロユーザーや映像クリエイター向けのサービス・サポートセンターをカリフォルニア州バーバンクに集約。オフィス機器では強固な直販体制に加えて、米国内を4地域に分け、地域に根ざしたリージョンマネジメント体制を導入し、サポート・管理体制を構築しています。全米約400のディーラーとのパートナーシップを強化し、より充実した顧客対応も実現しています。

Asia & Oceania

asia-00

中国や韓国をはじめ、南アジアおよび東南アジアまでを統括するキヤノンアジアマーケティンググループ。2017年はキヤノン中国が20周年、キヤノン香港が45周年を迎えるなど、アジア各地で祝賀記念イベントを実施しました。また、成長著しいインド市場により、アジア全体でのビジネスはさらに拡大しています。アジア地域では、複合機や商業印刷用プリンターの販売・ブランド強化を目的とした横断プロジェクトをスタート。「Business can be Simple」「軽松商務 自在佳能」をスローガンに、BtoBビジネスの拡大を推進するほか、オセアニア地域では積極的なM&Aにより、BtoBビジネスの強化に取り組んでいます。

Japan

japan-00

日本を中心にマーケティング活動を行うキヤノンマーケティングジャパングループは、「先進的な“イメージング&IT”ソリューションで社会課題の解決に貢献する」ため、グループの総合力を発揮したビジネスを進めています。カメラやオフィス機器、商業印刷といったキヤノンブランドのビジネスに加え、セキュリティやアウトソーシングビジネスなど、独自ビジネスの強化に取り組んでいます。創立50周年となった2018年は、よりきめ細かなニーズに応えられるよう、お客さまを起点とした組織体制に移行し、お客さまの課題解決に貢献する「真のパートナー」として、お客さまとともに発展する企業グループをめざします。