開く

事業を通じた新たな価値創造、社会課題の解決安心・安全な社会づくり

カメラやビデオのテクノロジーと最先端のITを組み合わせたネットワークビジュアルソリューションで安心・安全な社会づくりに貢献します。

世界各地で都市化が急速に進行しており、世界の都市人口は2050年までに現在の50%からおよそ70%まで増加すると予測されています。都市人口の増加は、交通渋滞を生み、これらは経済・環境へ莫大な損失をもたらすと考えられています。さらに増大する都市犯罪やテロ、IT化の進展に伴うサイバー攻撃など、私たちの暮らしやビジネスの安心・安全を妨げる脅威は多様化しています。人やモノの移動が活発化する中で、こうした増大するリスクに対応し、都市の安全を確保し、誰もが持続的に住み続けられる居住空間とするには、都市空間の整備・管理方法を見直し、安心・安全な暮らしを守る新たなインフラの整備が求められています。

日本においては、「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」「東京2020オリンピック・パラリンピック」など大規模なスポーツイベントの開催が予定されており、競技開催地やその周辺を中心に都市の再開発が進行するとともに、国際的注目も高まる中で、海外からの旅行者もさらに増大することが予測されています。大会の成功には、社会の治安維持やインフラの安心・安全の確保が前提となります。

安心や安全を脅かす危険を事前に察知し、適切に対処したい、また正確に記録し、問題解決に役立てたいというニーズに応え、社会の治安維持やインフラの安心・安全に貢献するのが、ネットワークカメラです。キヤノンは、中長期経営計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズⅤ」においてネットワークカメラを新規事業の柱の一つと位置づけ、これまで培ってきた光学技術、センサー、映像エンジン、映像解析ソフトウエアなどのカメラのコア技術およびオフィス向け複合機開発で育てたネットワーク制御やクラウドサービスとあわせて、製品ラインアップの拡充とソリューション提案力の強化に努めています。

キヤノンは、ネットワークカメラ業界のリーディングカンパニーであるスウェーデンのアクシスと、ビデオ管理ソフトウエアの世界最大手の一つであるマイルストーンシステムズをグループに迎え、アクシスの卓越したネットワーク映像処理技術と、マイルストーンの先進的なビデオマネジメント技術を融合。映像から必要な情報を取り出し活用するネットワーク映像ソリューションの開発を推進し、医療・介護、教育、交通、まちづくりなど幅広い分野へ可能性を広げていきます。

IoT時代を迎え、さまざまな形でビッグデータが活用される中、ネットワークカメラでも、画像解析技術の進化により、防犯用途だけでなく、撮影したデータを製造分野やマーケティング分野で活用する動きも広がりつつあります。キヤノンは、防犯・監視用途にとどまらない、ネットワークカメラを核にした革新的なネットワーク映像ソリューションを展開していきます。

安心・安全のニーズに応えるソフトウエア

ネットワークカメラ市場においては、撮影した映像の録画・解析を含めたソリューションが求められており、キヤノンでも、ネットワークカメラの映像に付加価値を持たせることで、セキュリティや顧客サービス、マーケティングなどの分野に活用できる「映像解析ソフトウエア」の製品化を進めています。

その一方で、増え続けるネットワークカメラの映像における個人のプライバシー保護に関する問題が新たな課題の一つとなってきました。キヤノンでは、個人が特定できないように映像内の動く人物などをシルエット表示できるソフトウエア「Moving Object Mask」を製品化しました。また、映像から約1,500人までの人数を瞬時にカウントでき、マーケティングへの活用も見込まれるソフトウエア「People Counter」は、さまざまな施設で混雑状況や人の流れを把握し、警備員の配置、避難誘導などの安全対策に貢献します。加えて、映像から、人物の年齢層や性別を推定するソフトウエア「Profile Analyzer」も製品化し、年齢層・性別ごとの人数集計を可能にしました。今後を見据え、スポーツやコンサートなど大規模イベントでの群衆をカウントする技術や、指定した人物を録画映像から高速で検索し、複数のカメラで追跡する技術などの開発も進めています。

ソフトウエア「People Counter Version1.0」による人数カウント

暗いところでも鮮明なカラー撮影が可能な超高感度ネットワークカメラ

超高感度ネットワークカメラの新製品「ME20F-SHN」は、キヤノン独自開発の35mmフルサイズCMOSセンサーにより、これまでのネットワークカメラでは難しかった低照度環境下、肉眼では被写体の識別が困難な暗闇や、星明かりなどの非常にわずかな光のもとでも、カラー映像を撮影することができます。夜間でも、河川・国境や災害現場、自然災害の監視、防災・防犯から野生動物の生態撮影まで幅広い用途に対応します。

「ME20F-SHN」で撮影した映像(左)と肉眼で見たイメージ(右)

幅広いニーズに対応するソリューション

キヤノンでは、グループ会社のアクシスの製品ラインアップを含め、お客さまのニーズに応えるさまざまな製品群をそろえています。誰の目にも監視カメラと分かるような強力な抑止力となるボックス型、目立たない場所への組み込みや持ち運びができるモジュール型、物体、車両、人物から放射される熱を認識するサーマルカメラ、振動、衝撃、揺れ、温度の変動など厳しい条件に耐えられる列車・車両内用カメラなど、さまざまなユーザーのニーズに応えています。

キヤノンとアクシスの初の共同開発製品「AXIS Q1659」は、キヤノンの優れた光学技術やイメージング技術とアクシスのネットワーク映像処理技術を融合することにより、高画質で鮮明な撮影を可能としました。キヤノンのデジタル一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズ8種類の選択・交換が可能で幅広い監視用途に対応。都市や空港、スタジアムといった広域や望遠撮影を要する場所での使用に適しています。

街を見守るネットワークカメラ

これらの製品群とソフトウエアを組み合わせ、小売店や飲食店などの商業施設向けから、工場・医療現場、また駅や空港などの交通機関、街全体にいたるまで、さまざまな安心・安全のニーズに対応していきます。