開く

社会貢献環境保全活動

豊かな地球環境を次世代に引き継ぐために自然の保全に貢献します。

子どもたちへの環境教育

子どもたちに環境の大切さを伝える「環境出前授業」

キヤノンでは、持続可能な社会の実現に向けて、プリンターの消耗品のリサイクルを題材に環境問題に対する理解を深め、リサイクルの大切さを学ぶ環境出前授業「モノの“とくちょう”を利用してリサイクル ~理科は地球を救う~」を展開しています。2011年に開始して以降、これまでにのべ121回の授業を開催し、参加者は6,900人を超えています。

この授業では、アクティブラーニングの手法を多く取り入れ、児童が「考える・話す・聴く・判断する」などの汎用能力を培う機会を多く設けています。具体的には、チームに分かれて「分別実験」に挑戦し、鉄や大きさの異なるプラスチックなどの4種類の材料を、それぞれの特徴を利用して効率的に分別する方法を学びます。

2016年には、これらの取り組みが評価され、経済産業省が主導する「第7回キャリア教育アワード」において優秀賞を受賞。また2017年は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より「東京2020公認プログラム(持続可能性)」の認証を受けました。

小学校における環境出前授業の様子

野生動物や生態系を保護する「Eyes on Yellowstone」

キヤノンUSAは、米国のイエローストーン国立公園の保全・保護を推進するNPO「Yellowstone Forever」を支援する「Eyes on Yellowstone」活動を展開しています。キヤノンのネットワークカメラや、デジタルカメラを提供し、最先端の科学技術を活用した同団体の研究や教育活動を支えています。キヤノンの支援は過去20年間で累計700万USドル(約7億7,469万円)を超え、園内の野生動物保護に対する企業の寄付金としては最大となっています。