採用メッセージ

障がいは個性であり、一人ひとり違うものだから。
私たちは応募者のみなさんとの対話を大切にします。

キヤノンの障がい者採用は、正社員採用が原則となっています。このため、会社の定めた就業時間で勤務していただくことが前提です。とはいえ、障がいによる業務への影響は一人ひとり違うもの。障がい内容などをお聞きした上で、勤務時間や勤務地などの相談に応じます。また、社内の健康支援室と連携し、産業医や配属部門とのミーティングや応募者の方との対話を通じて、ご本人が無理なく働くことができ、かつ今までの経験が最大限に生かせる職場環境をご用意できるように配慮しています。障がいも一つの「個性」。ぜひキヤノンで新たな可能性に挑戦してください。

障がい者と健常者がともに働ける環境づくりをめざして。

私たちは、障がい者と健常者がともに働ける職場づくりをめざしています。キヤノンでは、全事業所でバリアフリーの設備を完備していますが、実際に職場で働く障がい者の方の意見により、見直しが図られ、改善も行われています。また、採用部門は、入社者と職場との橋渡しを行う立場にあり、社員とよく話しをしますが、キヤノンでは全社的に障がい者の受け入れに対する理解が浸透してきていると感じます。

障がい者自身が、職場の意識を変える。
自由な風土があるキヤノンだからできることです。

各職場に障がい者が増えることにより、設備面はもちろん、社員の意識が変化しつつあります。しかし、キヤノンという大きな組織の中では、障がい者が職場に誰もいないという組織も少なくありません。そこでみなさんにお願いしたいのは、自ら進んで手を挙げ、自分で周りの環境を変えていく、という意識をぜひ持ってほしい、ということです。いくら配慮をしていても、ほかの社員にはどうしても気がつかない部分があるでしょう。障がい者の方の発言によって初めて、本当に必要な配慮とは何か、必要な助けとは何かを知ることができるのです。障がいの有無にかかわらず、社員がともに働き、ともに成長するというキヤノンのめざす環境づくりに向けて、みなさんにも協力をお願いしたいと思います。みなさんのエントリーをお待ちしています。

※ノーマライゼーションの理念:国連の国際障害者年行動計画が提起している理念で、私たちの社会はさまざまな特質を持った人々の集まりであり、種々の場においても健常者と障がい者がともに存在することが人間にとってノーマルな状態であり、したがってそのような状況を作り出すべきである、という趣旨に立つ理念。