Language
ACTION for GREEN 環境への取り組み
イメージ
Photo : 環境リーダー育成合宿

キヤノンシンガポール

中学生のための環境リーダー育成プログラム

  • 自然保護/生物多様性/NPO
  • 社員教育/環境教育

H3ROES Program

H3ROES Programは、シンガポール環境庁(NEA:National Environment Agency)とキヤノンシンガポールが共同で推進している「中学生たちのための環境リーダーを育成するプログラム」で、2011年11月に両者間で覚書が締結されました。育成プログラムはまず合宿において、3R(Reduce, Reuse, Recycle)を基本に廃棄物をいかに減らすかを学びます。そして、リーダーとなった学生は、その学校で3Rを推進します。その後、生徒たちはそれぞれの学校及び地域において環境普及活動を実施します。

イメージ
2011年11月に覚書を締結

環境リーダーの育成を開始

環境リーダーを育成するため、NPO団体であるWoW Kampungが運営するKampung Kampusにおいて「環境リーダー育成合宿」を、2011年より毎年開催しています。2泊3日の合宿の中では、環境リーダーとして必要な廃棄についての一般知識・気候変動・食物の廃棄・消費を抑える必要性などを学ぶと共に、自分たちの行動を社会に発信するためのSNSの利用方法や画像撮影技術の講習も用意されています。2017年までに延べで114校から553名の生徒が合宿に参加しました。また、毎年学校対抗の環境コンテストを開催しており、各校の生徒が楽しみながら環境への取り組みを競っています。

イメージ
合宿の様子(2012年)
イメージ
環境コンテスト後の表彰式(2014年)

学校の枠を超えて地域の活動に

2016年からは、従来の合宿及びコンテストに加え、活動の場を学校から地域への拡大しています。
2016年には、各人が「マイバッグを持参しての買い物を行う」・「食べ物を残さない」などの環境宣言を書いたプラカードを身に着けて地域を行進し、インスタグラムへその画像を投稿しました。また、2017年3月には、今まで合宿に参加した生徒の中から選抜された生徒に対して更なる訓練が行わられ、28名のスーパーH3ROESが誕生しました。6月に行われた合宿では、スーパーH3ROESもその運営にあたりました。7月から9月に「30日間のH3EROES地域奉仕」の中で地域の人びととのふれあいを通じながら地域での清掃活動を展開しています。

イメージ
プラカードを着用しての行進
イメージ
インスタグラムへの投稿
イメージ

マーケティング部門のSylvia Seahさん

H3ROES Programでは、環境持続可能な生活を実現するために、Reduce(減らす)、Reuse(繰り返して使う)、Recycle(再資源化する)を目指す3R活動の重要性を次世代の青少年に伝えることに主眼を置いています。そしてH3REOESのロゴには、「3R」の思いが込められています。 一番力を入れていることは、合宿などで学んだことを実際の行動に起こすように生徒たちに働き掛けることです。生徒たちは3R活動の重要性を理解していながら、実際の行動に移すことをためらってしまうことがあります。われわれは、生徒たちがスムースに実行に移せるような橋渡しの役目を果たすように努めています。
これからも、このH3ROESプログラムを持続的に展開し、キヤノンの企業理念である「共生」に通じるこのプログラムを、キヤノンシンガポールの代表的な活動に育てて行きたいと考えています。