開く

自然との共生に向けて

人にも自然にも、やさしい社会を目指して。

地球規模の気候変動や行き過ぎた開発によって、貴重な森林資源や生物多様性、また、さまざまな動植物の生息域が失われつつあります。キヤノンは、自然環境や生物多様性が将来の持続可能な社会にとって重要な基盤であることを深く認識し、保全に向けた行動を推進しています。

生物多様性の保全に対する考え方

キヤノンは、生物多様性が持続可能な社会にとって欠かせないものであると認識し、グループ共通の「生物多様性方針」を掲げています。

詳しく知る

世界各地での自然共生に向けた取り組み

キヤノンバードブランチプロジェクトをはじめ、世界各地で生態系や生物多様性の保全活動を行っています。

詳しく知る

世界各地のキヤノングループにおける取り組みをご紹介します。

Pick Up

森林資源の持続的活用に向けた取り組み

紙をはじめとする森林資源の持続的な活用に努めています。

詳しく知る

キヤノンは、バリューチェーンにおける生物多様性の保全にも取り組んでいます。オフィス向けに販売している用紙の原材料となる森林資源を持続的に活用できるように、森林資源の保全に配慮した木材製品の調達に関する方針を策定。その方針に従って、「森林認証用紙」や「環境に配慮された供給源の原材料から製造された用紙」を採用しています。

おすすめコンテンツ

そのほかの重点的な取り組み

キヤノンが重点的に取り組んでいるその他の環境活動はこちらをご覧ください。

関連リンク