開く

外部評価

2019年10月9日

キヤノンエコテクノパークの取り組みが「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しました

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」をキヤノンの製品デザイン15件※1が受賞しました。このうち、「キヤノンエコテクノパークを拠点とした環境活動発信プロジェクト」は、“取り組み・活動”のカテゴリーで、キヤノンでは初めてとなる受賞を果たしました。

2019年度グッドデザイン賞

 

キヤノンエコテクノパーク

キヤノンエコテクノパーク

キヤノンエコテクノパークは、限りある資源の有効活用と廃棄物削減に向けて、リユース・リサイクルを通じた資源循環を追求する最新鋭の工場として、2018年に茨城県に開所しました。トナーカートリッジやインクカートリッジの自動リサイクルシステム「CARS-T/CARS-I※2」や複合機のリマニュファクチュアリング※3の工程を一般の方も見学することができます。

今回受賞したプロジェクトは、キヤノンのさまざまな活動をパネル、映像、体験コーナーを通して紹介するショールームなどを整備し、情報を発信する取り組みです。また、次世代を担う子どもたちに、実物を見て、触れながら学べる環境教育の場も提供しています。審査員の方からは「この活動をいち早くアウターブランディングとして展開し、各企業に向けて共振していくことを期待します。」とのコメントをいただきました。

限りある資源を有効に活用していくために、世界では「Circular Economy(循環経済)」を意識した取り組みが進められています。キヤノンは今後も豊かさと環境が両立する未来のため、技術革新で貢献していきます。また、さまざまな機会を活用して、子どもたちに環境の大切さを伝える活動を展開し、次世代を担う若者たちを支援していきます。

ショールーム

ショールーム

小学生の見学

小学生の見学

環境授業風景

環境授業風景

  • ※2CARS-TはCanon Automated Recycling System for Toner Cartridgeの略。使用済みトナーカートリッジから取り出したプラスチック材料をトナーカートリッジの原材料として繰り返し再利用する「クローズドループリサイクル」を行っている。CARS-IはCanon Automated Recycling System for Ink Cartridgeの略。回収されたインクカートリッジの機種別の分別から、解体、粉砕、洗浄までの工程を行っている。
  • ※3回収した使用済み製品を再生すること。回収した製品を部品レベルにまで分解し、劣化・摩耗した部品を取り除く。部品は基準を満たすまで洗浄・清掃して再利用し、新しい部品のみで生産される機器と同レベルの品質・信頼性のもと出荷される。