7月24日、東京・千代田区の東京国際フォーラムにおいて、東京2020オリンピック(以下、東京2020大会)の1年前を記念するイベント「東京2020Let's 55 オリンピック1年前スペシャル」が開催され、キヤノンがブースを出展しました。

バレーボールのフォトスポットで記念撮影

「東京2020Let's 55」は、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、全55競技を体験する場を提供するプロジェクトです。ルール解説や競技選手との触れ合いを通じ、子供たちに自分でもやってみたいと関心を高めてもらうチャンスとして様々な場所で開催されています。今回のイベントでは、東京2020大会のスポンサー企業が子供から大人までみんなが楽しめるオリンピック17競技、21種目の体験ブースを出展。多くの地域ですでに小中高が夏休みに入ったこともあり、15,000名以上の方々が来場されました。

多くの来場者でにぎわう会場

キヤノンブースではバレーボールの競技会場をイメージした背景とともに写真を撮れるフォトスポットを用意。オリンピック選手の気分になって思い思いのポーズをとり撮影。当日限定のキヤノンオリジナル東京2020 オリンピック1年前スペシャルフォトフレームに合成し、プリントしてアウトして来場者にプレゼントしました。
さらにスペシャルゲストとしてバレーボール元日本代表の大山加奈さんがキヤノンブースに登場。
一緒に写真を撮ったり握手を交わすなどして、多くの方々と交流を深められました。

大山加奈さんと一緒にポーズをとる来場者
スペシャルフォトフレームで印刷された写真をお持ち帰りいただきました

キヤノンはこれからも様々な取り組みを通して写真の楽しみ方を皆様にお伝えするとともに、自社の製品を活用し、スポーツ振興に貢献していきます。

東京2020オリンピックマスコット「ミライトワ」をあしらったフォトスポット