ジュニアフォトグラファーズについてジュニアフォトグラファーズについて

子どもたちの瞳が輝き、小さな発見に感動する。そんな瞬間を一緒に体験しませんか。 子どもたちの瞳が輝き、小さな発見に感動する。そんな瞬間を一緒に体験しませんか。

身近な自然と向き合い、環境について楽しく学ぶ写真教室 身近な自然と向き合い、環境について楽しく学ぶ写真教室

「キヤノン ジュニアフォトグラファーズ」は、自然をテーマとした写真撮影の体験を通じて、子どもたちの環境に対する意識を高めるとともに、豊かな感性を育む写真プロジェクトです。キヤノンの社会貢献活動として2004年にスタートして以来、19,842人の子どもたちが参加し、北海道から沖縄まで、全国で開催しています。

写真教室の基本的な流れ写真教室の基本的な流れ

デジタルカメラ教室1

写真家やキヤノンの社員が講師となり、写真撮影のヒントやカメラの使い方などをわかりやすくレクチャーします。デジタルカメラを初めて使う子どもたちでも簡単に操作できるようになります。

※デジタルカメラなどの必要機材はキヤノンがご用意します。

イメージ

撮影会2

ひとり1台ずつデジタルカメラを持ち、自然と触れ合いながら自由に写真撮影をします。各地域の特色を活かしたフィールドを舞台に、思い思いに写真を撮ります。

イメージ

プリント&作品発表会3

撮影した写真をプリントし、タイトルをつけて作品を完成させます。一緒に撮影した仲間たちの作品を鑑賞したり、撮影時の発見や感動したことなどを発表します。

※当日、各自のお気に入り写真を1枚プリントし、差し上げます。

※撮影データは後日、参加校や参加団体の代表者に記録メディアに収録してお渡しします。

イメージ

参加した子どもたちの声

  • カメラを通して自然を見つめなおしたら、あらためて自分のふるさとをすきになりました。
  • 人間といっしょで、植物や虫にも命があるんだなあと思った。これからも、自然を大切にしていきたいです。
  • 初めて一眼レフカメラをつかってみたらとても上手にとれたので、将来はフォトグラファーになれるかも!
  • 友だちの作品をみて、同じものを撮っても色んな見え方があるということがわかりました。
  • カメラで撮った写真は、肉眼でみる世界よりもきれいでびっくりした。
  • もっと沢山、いろんな写真をとりたいです!
イメージ

「ジュニアフォトグラファーズ」写真展

参加校や参加団体において写真展を開催される場合には、子どもたちの作品をA4もしくはA3サイズにプリントして差し上げています。学校の展覧会や公共施設での写真展など、子どもたちが見つめた”身近な自然“を展示することで、その発見や感動を地域の方々と共有することができます。

イメージ