点検・確認ソリューション

バーコード・2Dコードの読み取り

多くの商品や資材がバーコードや2Dコードで管理されています。キヤノンの画像解析技術を使えば、ネットワークカメラや産業用カメラでこれらバーコード・2Dコードを読み取ることができます。 これまで人が一つひとつバーコードリーダーで読み取っていたものを自動化できます。これにより、例えば仕向け先の仕分け作業時に正しい商品が正しいエリアに配置されているか確認ができ、誤出荷といった人的ミスを低減できます。 さらに複数コードの一括読み取りも可能です。これまで人がひとつひとつ読み取っていたコードを複数個まとめて読み取ることで作業効率も大幅に上昇します。

アナログ・デジタルメーターの読み取り

生産現場にはアナログ・デジタル問わず、様々なメーターが設置されています。キヤノンの画像処理技術を使えば、メーターを読み取り、旧設備のアナログメーターであってもデジタルデータとして記録保存が可能です。これにより、例えば機器の気圧の確認作業など、人が定期的に点検していたものをカメラが代わり、異常値を検知して通知することで、見回り作業が不要になり、生産性が大きく向上します。

色判別

Vision Editionを使えば、撮影した映像のRGB量を基に色を判別することができます。これにより、例えば工場内に設置されたネットワークカメラでシグナルタワーを撮影している場合、トラブル発生時の赤色点灯を検知し、離れた場所に通知することができます。他にも、カラーシールで商品を仕分けている場合、異なるカラーシールを検知することで、人的ミスの防止を助けます。

パターンマッチング(資材位置・有無判別)

Vision Editionの画像処理技術は、パターンマッチングをベースに形状確認や個数カウントすることができます。これにより、例えばトレーの中に正しい部品が正しい向きで配置されているか映像を使って確認することができます。

Vision Editionのご紹介

詳細へ