トラブルからの早期回復ソリューション

トラブル発生前後のみを効率よく録画

トラブル発生前後のみを効率よく録画

Monitoring Editionの録画機能を使えば、トラブル発生時の前後最大10分間のみを自動録画できます。これまでトラブルの原因分析を行う際、長時間録画した動画の中からトラブル発生時の映像を探すこと、そしてトラブルの原因を探ることに膨大な時間を要していましたが、これにより効率的にピンポイントでトラブル発生時の映像を確認することができます。

異変を自動検知、自動録画

異変を自動検知、自動録画

キヤノンネットワークカメラのインテリジェント機能を使うことで、工場内の異変をいち早く察知します。例えば、立入禁止エリアへの侵入を検知し、作業員の安全を守る「侵入検知」、危険物、不審物が放置されるような危険を回避する「置き去り検知」、備品の紛失を防ぐ「持ち去り検知」など、異変を自動で検知し、同時に自動録画を行います。

トラブル復旧までのダウンタイムを大幅に短縮

トラブル復旧までのダウンタイムを大幅に短縮

生産性を向上させるためには、トラブルによるダウンタイムをできる限り短縮することが重要です。キヤノンのネットワークカメラとPLCを連携させるMonitoring Editionがあれば、トラブルのダウンタイム短縮に大きく貢献します。これまでトラブル発生のたびに都度設置していたサーベランスレコーダーも一度ネットワークカメラを設置すれば、サーベランスレコーダーをその都度設置する手間も必要ありません。生産性向上に大きく貢献します。

Monitoring Editionのご紹介

詳細へ