CANON TECHNOLOGY

閉じる

印刷の歴史を変える印刷の歴史を変える

商業印刷

多品種小ロット印刷やバリアブル印刷など。
印刷業界においても、オフセットからデジタル印刷へと大きな変革期を迎えています。
キヤノンはお客さまの目的に合わせた商業印刷のソリューションを追求しています。

2018/12/27活動紹介

#商業印刷#イメージング技術#機械工学#電気工学#情報工学#物理学#化学

デジタル印刷のメリット訴求で商業印刷分野に参入

出版物やパンフレットなどを取り扱う商業印刷では数万から数百万部単位の印刷が求められる一方、多品種小ロットの印刷ニーズも急増しています。印刷用紙の多様化も進み、光沢紙や圧着紙、ノンカーボン紙、厚紙などさまざまな用紙が使われています。オフセット印刷が刷版を必要とするのに対して、デジタル印刷は、刷版を必要としないため、多品種小ロットの個別印刷や1枚ずつ印刷内容が異なるバリアブル印刷で優位性を発揮。キヤノンは、拡大するデジタル印刷市場に対応し、品質や生産性、安定性のさらなる向上に挑戦しています。

多様化するコンテンツの内製を推進

キヤノンでは、オセも含めたキヤノングループ内で、連帳プリンターや大判インクジェットプリンターなど、お客さまの目的に応じて最適なソリューションを提供することができます。操作性やUIは統一され、さまざまな製品を同じ感覚で扱えるのもお客さまにとってのメリットです。

朝日新聞社では2014年に、国内の新聞社としては初めてデジタル印刷機を導入し、独自のビジネス展開に取り組んでいます。導入にあたり、キヤノンの技術的課題への対応力と、課題解決に向けた協業体制が評価され、オセのインクジェットプリンターが選ばれました。バリアブル印刷、特殊折り、長尺印刷などのプリンターの特徴を生かし、多種多様なコンテンツ製作を展開。例えば、マラソン大会出場者をターゲットにした「世界にただ1部、あなただけの号外」をテーマにしたコンテンツでは、1面にランナーの名前や記録のほか、当日の模様やコースマップなどを掲載した新聞と同サイズのものを印刷するなど、未来の新聞づくりが始まっています。

商業印刷の全領域をカバーする豊富なラインアップ

スピード、画質、耐久性を重視し、あらゆるシーンで利用できる豊富なラインアップもキヤノンの強みです。大量印刷に適するロール紙に高速印刷する連帳プリンターでは、バリアブル印刷、特殊用紙印刷など、適応領域の拡大に努め、小ロット印刷用のカットシートプリンターでは、書籍やマニュアルのみならず、フォトブックのような高画質印刷まで柔軟に対応しています。今後は成長著しいパッケージ印刷なども視野に入れデジタル印刷の可能性を拡大していきます。

オセとの協業でグローバルに研究開発を強化

2010年にキヤノングループに加わったオセは、140年以上の歴史を誇るオランダの老舗企業。競争力ある独自開発のプリンターは、その安定性と生産能力が市場で絶大な支持を集めています。欧州において商業印刷のハイエンド分野に強いオセとの協業による研究開発の強化は、米国や欧州でのイノベーションを進めるキヤノンの「世界三極体制」の一環。両社の技術や製品の相乗効果による、商業印刷領域でのソリューションの拡充を進めています。

イメージ

オセでの研究開発

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2018/12/27

技術紹介

ミラーレスカメラ

一眼レフで培った技術とノウハウで撮影領域を拡大

イメージ

2018/12/27

活動紹介

綴プロジェクト

最新デジタル技術と伝統工芸を融合し日本の美を未来に継承

イメージ

2018/12/27

活動紹介

人工衛星の開発

キヤノン電子が参入した人工衛星ビジネスの可能性

イメージ

2017/09/14

開発者が語る

高精細CT

圧倒的な解像度を誇る高精細CTの開発秘話

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る