CANON TECHNOLOGY

閉じる

自由視点映像生成システム自由視点映像生成システム

自由視点映像生成システム

キヤノンのイメージング技術を結集した自由視点映像生成システムは、映像を通してこれまでにない体験を提供します。

2019/4/25技術紹介

#イメージング技術#IoT#機械工学#電気工学#情報工学#半導体

新しい映像体験を実現する映像表現の技術

2016年に開催されたサッカーJリーグカップ戦の決勝戦は、新しい映像ソリューションの幕開けとなりました。従来のように、固定されたカメラやワイヤーカムによる限られた視点からの映像ではなく、場内のあらゆる位置から好みの角度で映像を見られる自由視点映像を初めて公開したのです。例えば、ピッチ内にいる選手の見ていた光景の再現や、同じシーンをさまざまなアングルで見るなど、自由自在に視点を設定できます。さらには、映像をスローモーションにしながら視点を自由に変更するなど、視点と時間を思いのままに操作することが可能になりました。スポーツ観戦を劇的に変化させる革新的技術が、現実のものになった瞬間でした。
その映像を生成する仕組みは、映像撮影の未来形とも言えます。場内を周回するように設置された専用カメラで撮影した映像を3Dデータに変換してサーバーに蓄積。仮想カメラの位置や動きを指示すると、3Dデータの中から、カメラアングルに応じた映像をレンダリング。動画としてアウトプットし、視聴できるようになります。

創業時から一貫して培ってきた光学技術や、映像技術に加えて、ネットワーク伝送技術、ユーザーインターフェースなど、先端技術をキヤノングループ内で開発。この技術は、映像制作や放送のワークフローを一変させる力を秘めています。
各部署から選ばれた技術者たちが、全社横断プロジェクトとして集結し、それぞれが持つ技術を高度に融合させることで、自由視点映像生成システムは実現しました。

イメージイメージ

その場にいるような没入感を体験

未来の社会や技術の進歩を予測して時代に先駆けるものづくり

自由視点映像生成システムの開発は、サッカーやラグビーなどさまざまな競技において、実証試験を重ねています。正確な3Dデータを作成するためには、すべてのカメラが同じタイミングで撮影をスタートすることが必要です。たった1台のカメラでもズレが生じると、正しい形状のデータに仕上げることはできません。この課題は、開発の当初から想定していたため、多数のカメラを完全に同期して撮影をスタートさせ、コントロールするアルゴリズムを開発することによって解決しました。
また、自由視点映像の生成には膨大なデータ処理を瞬時に行う必要があるため、並列分散画像処理など、高精細な映像を素早く生成する挑戦が続いています。
キヤノンはこれからも時代の流れと技術の進歩を想定したシステムづくりを推進していきます。

イメージイメージ

自由視点映像生成システムのイメージ



自由視点映像生成システムで実際に映像化した最新の動画はぜひこちらでご覧ください

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

人工衛星

キヤノン電子が参入した人工衛星ビジネスの可能性

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

最先端CMOSセンサー

超高感度・超高精細センサーを実現

イメージ

2019年5月16日

活動紹介

ネットワークカメラ

映像解析によりさらに発展するネットワークカメラ

イメージ

2019年5月16日

技術紹介

商業印刷

多様化するニーズに応え、今までにない高画質を実現

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る