CANON TECHNOLOGY

閉じる

イメージイメージ

大判インクジェットプリンターの搭載技術

大判インクジェットプリンターの市場は、大きく分けて、フォト・アートや広告・商品ポスターなどを出力するグラフィックアート市場と、CAD図面、GIS(地理情報システム)、パース(建物の完成予想図)やPOPなどを出力するCAD/ポスター市場があります。キヤノンの大判インクジェットプリンターは、それぞれの市場に対応したラインアップを備えています。

2018/12/27技術紹介

それぞれの市場のニーズに最適化されたラインアップ

グラフィックアート市場には、発色に優れた「LUCIA PRO」インクを搭載し、最高峰のフォト画質を実現した12色モデルと、高画質を維持したまま生産性を向上させた8色モデルの2系統の「PROシリーズ」を展開しています。
また、CAD/ポスター市場には、安価な普通紙でも高精細な図面や高発色なポスターを再現できる「LUCIA TD」インクを搭載し、出力ボリュームが大きいハイエンドユーザーに向けて生産性やセキュリティを強化した「TXシリーズ」と、ミッドからローエンドユーザーに向けて静音性やユーザビリティーを高めた「TMシリーズ」を展開しています。

キヤノン大判インクジェットプリンターラインアップ

イメージイメージ

#イメージング技術#化学

マイクロカプセル化により、緻密・高密度にインクを配置

光沢紙、半光沢紙へのプリントにおいては、「マイクロカプセル化(※)」した色材により、顔料インクの配列を緻密化しました。用紙上の色材の密度が高まり、より高い色域表現を達成しています。印字表面の散乱光は抑制され、光沢性、写像性(像の鮮明度)が向上。透明感のある鮮やかな表現が可能になりました。

  • (※)マイクロカプセル化
    色材微粒子の表面をポリマーで覆いかぶせること

イメージイメージ

マット紙およびアート紙においては、従来のインクでは、用紙表面の隙間に顔料粒子の一部が沈み込み、インク本来の発色を十分に発揮することが難しいことがありました。「LUCIA PRO」インクでは、マイクロカプセル化された色材が緻密に配列されて用紙の上に留まることで、全体的に色域が拡大。特にグラフィックアートで多く使用される赤や暗部を鮮やかに表現します。

イメージイメージ

重厚感のある黒を表現するクロマオプティマイザー

グラフィックアート向けの12色モデルには、キヤノン独自開発の透明インク「クロマオプティマイザー」を搭載。光沢紙・半光沢紙における、さらなる高画質化を実現しています。
人がプリントを見るとき、光源となる照明の光を受けてプリントから反射した光を色として感じています。クロマオプティマイザーはプリントから反射する光を最適に制御することで、鮮やかな色は鮮やかなままに、淡い色は淡いままに、暗部はより深く、黒はぼやけることなく黒々と見える原画に忠実なプリントを実現します。

「クロマオプティマイザー解説動画(4分53秒)」

#イメージング技術#化学

線や文字を高品位に再現

従来の5色染顔料インクモデルでは、CAD図面を出力する際、インクジェット普通紙を使用すると線や文字を高品位に再現できるものの、インクジェット適性の低い普通紙を使用すると、高画質が実現できないことがありました。
そこでキヤノンは、表面張力の高い新マットブラックを採用した5色フル顔料インク「LUCIA TD」を開発。用紙にインク滴が着弾したときの濡れ広がりが小さく、色材が用紙表面近くに留まりやすいため、高濃度でにじみの少ない、くっきりとした線や文字を高品位に表現することを可能にしました。従来の5色染顔料インクの強みを生かしつつ、インクの受容層がなくインクジェット適性の低いプロッター用紙においても、高品位な細線や文字を再現します。
また、 LUCIA TDは全色で新顔料インクを採用し、耐水性にも優れています。水濡れに強く、屋外の現場に図面を持ち運んで見たり、確認することが容易にできます。

CAD図面の高精細再現

インクジェット適性の低い普通紙で細線を高品位に再現

従来のマットブラックインク

LUCIA TD
マットブラックインク

表面張力を最適化

イメージイメージ

インクジェット普通紙で高発色を実現

ポスターを出力する場合、インクジェット用コート紙や光沢紙を使えば高発色を実現しますが、インクジェット普通紙では満足のいく画質を得られない場合があります。
「LUCIA TD」 インクは、分散剤を改良し顔料と用紙に含まれる成分との反応性を強化。顔料が用紙表面付近に留まり定着しやすく、鮮やかな発色を実現しています。
インクジェット普通紙でも、発色に優れた色鮮やかなポスターを作成でき、ポスターやPOP、社内掲示物などを外部に委託していたユーザーの内製化によるコストダウンに貢献します。
加えて、LUCIA TDインクは全色フル顔料インクであるため、耐光性に優れ、色褪せしにくいことも特長のひとつです。

ポスターの高画質再現

安価なインクジェット普通紙でポスターを高発色に再現

従来のインクLUCIA TD

顔料と用紙に含まれる成分との反応性を強化し、より多くの顔料が用紙表面付近に留まることで、従来の顔料インクと比べて高発色となる

高いユーザビリティー

#自動化#機械工学

自動ロール紙セット

ハイエンドユーザー向けの「TXシリーズ」では、ロール紙を本体給紙部に置くだけで自動ロール紙セットを実現しています。
ロール紙をアーム上に置くだけで、用紙は自動的に搬送され、内蔵のマルチセンサーが紙厚、紙幅、紙の斜行などを検知し印刷可能な状態まで自動調整を行います。オペレーターを煩わせていた紙の送り出しなどの面倒な作業を不要にしました。
また、同じ種類の用紙を使い続ける場合は、操作パネルで「用紙種類の固定」モードを選択し、あらかじめ用紙を指定することができ、オペレーターはロール紙を置いた後にその場を離れられるため、拘束時間の圧倒的削減を実現しました。

自動ロール紙セット動画(23秒)

静音化

ミッドからローエンドユーザー向けの「TMシリーズ」では、静かな環境づくりが進むオフィスの中で、デスクのすぐそばにも設置できるよう、動作音を低減するとともに不快音の削減に徹底的に取り組みました。
TMシリーズの排気ファンは、排気流路の見直しとファンの小型化により音を抑制しました。カッターについても、切れ味をより滑らかにして音の発生を抑制しています。さらに、プラテンファン(※1)では、エア吸気時に生じる稼働音を抑制する機構を排気口に搭載。ファン稼働音を消音機構内で反射させ、反射音とファン音とを干渉させ、ファン稼働音を減衰させています。これらにより高生産性を維持したまま、従来機より約6割減(※2)の大幅な静音化を実現。働く人のすぐそばに設置しても業務の邪魔をすることがなく、快適なオフィスづくりに貢献します。

  • (※1)
    用紙の平面性を高めインクの着弾精度を向上させるため、プリンター内部から用紙を吸引するためのファン
  • (※2)
    音エネルギーにおいて

静音化動画(57秒)

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2019年5月16日

活動紹介

ネットワークカメラ

映像解析によりさらに発展するネットワークカメラ

イメージ

2019年5月16日

技術紹介

商業印刷

多様化するニーズに応え、今までにない高画質を実現

イメージ

2019年5月10日

技術紹介

EOS Rシステム

撮影領域を拡張させる新カメラシステム

イメージ

2019年5月10日

技術紹介

8K映像ソリューション

離れた場所にいてもその場にいるような臨場感体験を

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る