CANON TECHNOLOGY

閉じる

イメージイメージ

Mixed Realityシステムの搭載技術

「見る」から「体感する」へ。目の前の現実とCGをリアルタイムで合成する

キヤノンのMixed Reality(以下MR:複合現実感)技術。

カメラやレンズなどの開発で培われた光学ハードウエア技術、ミドルウエア技術、用途に合わせた多彩なアプリケーション技術などにより、MRをシステム化したキヤノンの「MREAL(エムリアル)」は、幅広い分野にソリューションを提供しています。

2018/12/27技術紹介

MREALの3つのコア技術

イメージイメージ

MRハードウエア技術

#産業機器#イメージング技術#機械工学#物理学

キヤノンの光学技術を結集し、コンパクトで高精細なMRを実現

自分の目線の位置で得られる現実世界の映像をベースに、3Dイメージを合成して得られるMR映像は、一般的なVR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)とは一線を画す技術です。

目線の位置から得られる現実映像をPCに送り、3Dイメージと融合し、立体的なMR映像として観察者の目の前に提供。自由曲面プリズムにより、大型化しがちな機器本体を薄型のハードウエアに集約することを可能にしています。

イメージイメージ

MRミドルウエア技術

#産業機器#機械工学#電気工学#情報工学#物理学

現実空間内に3Dイメージを忠実に合成し、視覚化

製造、建築、マーケティングなどの業務のなかで、新商品や建物、機材などを物理的に完成させる前に、本物に匹敵する3Dイメージを現実の視野の中に表現することができれば、ものづくりの効率を飛躍的に改善できます。

MRミドルウエアは、ものづくり業務の設計工程で得られるCADデータを活用し、高精度な位置合わせ技術により3Dイメージを形成します。MREALのハードウエアが取り込む現実映像の中に、設計データに忠実なサイズと距離感で、実物さながらの3Dイメージを可視化することを可能にしています。

MRアプリケーション技術

#産業機器#IoT#電気工学#情報工学

社内外のアプリケーションを連携させ、さまざまな用途に対応可能

現物がなければできない試作実験、組立性検証、外観の比較などが、MRにより設計図の段階で実現できれば開発の効率化やコスト削減につながります。また、人間の目で見えない廃熱フローや、破壊検査のイメージも現実空間に3Dで表現できればとても便利です。

キヤノンのMREALは、多種のアプリケーションとの連携により、さまざまな業種のニーズに応えることができます。たとえば、パソコン上で描写できるリアルタイムレンダリング画像を3Dイメージ化するためのSDK(Software Development Kit:ソフトウエア開発キット)を社外のアプリケーションプロバイダーに提供し、MREALへの対応を可能にしています。キヤノン製のVisualizerは、業界標準の主要CADデータを3Dイメージに変換できる多機能で快適に動作するアプリケーションとなっています。

イメージイメージ

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

人工衛星

キヤノン電子が参入した人工衛星ビジネスの可能性

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

最先端CMOSセンサー

超高感度・超高精細センサーを実現

イメージ

2019年5月16日

活動紹介

ネットワークカメラ

映像解析によりさらに発展するネットワークカメラ

イメージ

2019年5月16日

技術紹介

商業印刷

多様化するニーズに応え、今までにない高画質を実現

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る