商業印刷が実現する社会
伸びるデジタル印刷、
アシストするのはキヤノン

90年の歴史を持つオランダ・マーストリヒトの印刷会社アンディ。
お客さまにはグローバルに展開する企業が多く、言語だけを差し替えて少部数印刷する説明書などオフセット印刷では、逆に生産性が低いという課題を持っていました。
印刷の知識や質にこだわるアンディが導入したのは、キヤノンのデジタル印刷機です。
オフセット印刷では難しかった短納期、多品種小ロット、一部ごとに内容を変えるバリアブル印刷などお客さまの印刷ニーズに幅広く対応できるようになり、業務の効率化を実現しています。

キヤノンプロダクションプリンティングと力をあわせて、商業印刷のデジタル化を推進

キヤノンプロダクションプリンティングの連帳プリンターを活用しバリアブル印刷による新事業を展開する朝日新聞社

オランダ・フェンローにあるキヤノンプロダクションプリンティングの工場ではカットシートプリンターを生産

本や新聞、雑誌などの出版物やカタログ・チラシといった販促物、明細書・請求書、ダイレクトメールなどのように、事業やビジネスに必要な印刷物をつくる「商業印刷」。商業印刷はこれまで、印刷の版をつくって大量生産するオフセット印刷が主流でしたが、版が不要なデジタル印刷の需要が年々拡大しています。デジタル印刷は、一部ごとにデータを変える可変(バリアブル)印刷を実現し、小ロット・短納期といったお客さまの要望にも柔軟に対応しています。
印刷業界に、高い生産能力と安定性を兼ねそなえたデジタル印刷機を提供するキヤノンプロダクションプリンティングが2010年にグループ入りしてから、オフィス向けから印刷業界向けにいたる製品やサービスを「One Canon」として提供しながら、商業印刷機のラインアップを拡充しています。2017年には、カタログや販促物など、高画質が求められるグラフィックアーツ市場に向けて、高画質インクジェット連帳プリンター「ProStream 1000」の発売を開始。インクジェット方式でありながら、オフセットコート紙への高速印刷を可能にし、オフセット印刷に迫る画質と生産性を実現しています。