開く

メディカル

さいたま市立病院は
より高度に、より親切に。

130万人の市民に今後も安全で確実な医療を提供するために、2019年12月に新病院へと衣替えしたさいたま市立病院。より高度な診療を支える装置として、新たにキヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)の最新MRIを2台導入しました。 MRIは磁場と電磁波を使って体内の様子を画像にすることができ、放射線の被ばくがありません。
しかし、閉塞感ある空間で騒音を聞きながらの検査となるうえ、診断に必要なきれいな画像を得るためには長時間の撮影が必要でした。キヤノンメディカルのMRIは、開放的な検査空間と圧倒的な静音化を実現し、ディープラーニング技術によって画像のノイズを除去する世界初の技術を搭載。高精細な画像により診断もしやすく検査時間も短くなり、患者さんの負担を大きく減らします。
新病院のオープンとともに、さいたま市立病院がより高度に、患者さんにとってより親切になることに、キヤノンが貢献しています。

ディープラーニングを活用したノイズ除去技術を搭載

新装オープンしたさいたま市立病院

患者さん、 医療機関とともに「いのち」と向き合う。
最前線で信頼を担うメディカルシステム。

成長を続けるメディカル市場

人生100年時代を迎え、病気の予防や早期発見、早期治療へのニーズはますます高まっています。成長市場としての期待が高まる一方で、高齢化にともなって患者さんの数は増え、医療も高度化し、医療従事者の負荷は増え続けています。キヤノンは患者さんにとっても、医療従事者にとっても、価値のある製品・サービスを提供し続けることで、事業の成長を実現していきます。

北海道大学病院は治療方針決定にキヤノンの医療情報統合ビューア「アビエルトコックピット」を活用

キヤノンメディカルを核に事業展開

キヤノンはいま、「画像診断」「ヘルスケアIT」「体外診断」の3つの領域について、グループ一丸となってメディカル事業の拡大に取り組んでいます。その中心的役割を担うのが、2016年にグループに加わったキヤノンメディカルです。キヤノンメディカルは、健康と尊い命を守る医療に貢献したいとの想いを込めた「Made for Life」を経営スローガンに、つねに医療現場に寄り添う最適なソリューションを追求。数々の世界初、日本初の技術を開発し、成長を続けています。

低被ばくなど身体的負担の軽減も追求するキヤノンのCT装置

高度な治療に活躍する「画像診断装置」

現代の高度な医療は「画像診断」なしに考えられません。MRI装置やX線CT・超音波・X線診断装置などの画像診断装置において、キヤノンメディカルは疾病のさらなる早期発見、早期治療に向け、AIなどの最新の技術を活用し、画質の向上を次々に実現していきます。

より的確な医療のための「ヘルスケアIT」

高度化する医療にともない、医療現場には診断画像をはじめ、膨大な患者さんの情報があふれています。それらの情報を統合・解析・加工して提供する役割を担うのが「ヘルスケアIT」です。他社装置による診断画像との統合表示などにとどまらず、投薬履歴、日々の体温・血圧にいたるまで、時間経過を含めて患者さんの情報を収集し統合させることを可能にし、適確な診断や治療方針の決定を支援しています。

「体外診断」にも注力

血液や尿などの検査で、疾病の早期発見・早期診断ができる「体外診断」。臨床検査装置をはじめ、インフルエンザやジカ熱などの感染症をかんたんかつ迅速に検出できる検査キットも提供しています。

血液の成分を調べる検体検査システム

次の成長に向けた開拓も続々と

バイオサイエンスなども含め、事業のさらなる成長に向けた布石も次々と打っています。2019年だけでも、医療機器事業化インキュベーターの日本医療機器開発機構、心不全や脳卒中の兆候を携帯デバイスで通知する技術を開発するフェムトDx(米国)への出資のほか、MRI基幹部品メーカーのクオリティーエレクトロダイナミックス(米国)の子会社化を実施。 2018年にグループ会社となったアクトメッドは、がん関連遺伝子解析を診断や治療方針に役立てる高品質なクリニカルシーケンス検査サービスを提供するためのラボラトリーを国内に開設するなど、患者さん一人ひとりに最適な治療を施すための「プレシジョン・メディシン」への取り組みも拡大中です。

がん関連遺伝子解析サービスを行うアクトメッドの湘南アイパークラボラトリー

がんの骨転移を「見える化」し、早期発見に貢献

発見が遅れると生活の質にかかわる、がんの骨転移。キヤノンは発見を支援するソフトウエアの実用化に成功しました。検査時の状態や条件で異なる現在と過去の診断画像を、画像処理を駆使して精緻に位置合わせすることを可能に。京都大学の医師たちと検証を繰り返すことで、骨の経時変化が明確にわかる技術になりました。さらに、キヤノンメディカルとともに見やすさなどを改善。製品化が実現しました。