開く

メディカル

「小さな異変も見逃さない」
医療現場の情熱に
超音波が応えます

超音波でしかとらえられないわずかな変化
きれいな画像がさらに発見を早めます

日本のがん診療のリーディングホスピタル、国立がん研究センター中央病院。最先端のがん医療の普及、医療従事者の育成、そして企業や大学とともに次世代の医療開発に向けた臨床研究・治験を行っています。
国立がん研究センター中央病院には、全国から病気の診断が難しい患者さんも多く訪れます。病院は患者さんの利益を最優先に、「最短の時間で最良の検査結果を得る」ことをめざし、一人ひとりに応じた診断法を選択します。非侵襲的で被ばくがない超音波診断システムは副作用を心配することなく患者さんに使用することができ、精密な診断から治療後のフォローアップまでカバーできる必要不可欠なモダリティ(装置)です。
検査で主に使われている超音波診断システムが、キヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)の「Aplio iシリーズ」です。医師や技師は撮像する部位や臓器によって最適なプローブとパラメータを選択し、正しい診断につながる「美しい」画像の撮像をつねに追求しています。キヤノンメディカルは装置の開発にあたり、多くの医療機関との共同研究を通じ、画像評価・アドバイスを得て画質を向上。しばしばCTやMRIでは検出されにくく、早期発見や診断が難しいとされる初期のすい臓がんの検出にも力を発揮できるまでに画像は進化し、早期発見とがん治療の精度向上に貢献しています。

「人生100年時代」を健康に。
メディカル事業を強化・拡大しています

キヤノンメディカルとともに

キヤノンのメディカル事業の中核となるのは、2016年からグループに加わったキヤノンメディカル。CTやMRI、超音波、X線診断装置などの分野で、数々の世界初・日本初を生み出してきた医療画像診断システムのパイオニアです。
キヤノンメディカルは、「尊い命に貢献したい」という想いを込めた経営スローガン「Made for Life」のもと、人々の健康に貢献するため、技術開発と製品化のスピードをさらに加速。キヤノンの得意とするイメージング技術やものづくり技術と融合することで、これまでにないイノベーションが生まれています。
キヤノンはデジタルX線撮影や眼科検査の機器など、キヤノンメディカルのグループ入り前から、医療現場の一端を担ってきました。今後、キヤノンはキヤノンメディカルとともに医療機関をはじめ、企業や大学とグローバルに連携しながら、新たな領域に向けた先端技術の開発に挑み続けます。

キヤノンメディカルシステムズ本社

医療IT、体外診断にも注力

キヤノンのメディカル事業はいま、「画像診断」「医療IT」「体外診断」の3つの領域において、より効率的な医療と、患者さんの満足を両立するソリューションの提供をめざしています。
「画像診断」では、世界中の先進医療機関や大学とのオープンイノベーションにより、確実な診断を支援する高精細画像の提供と、被ばく低減・検査時間の短縮など患者さんの負担軽減を両立する技術開発に注力しています。
「医療IT」では、AIの活用をはじめ、医療現場のさまざまな情報を収集・統合・解析・加工して医療情報の有用性を高め、最適な医療に貢献していきます。
そして「体外診断」では、病気のさらなる早期発見、感染拡大の予防のために、血液や遺伝子などの検査ソリューションの開発やDNAチップ、迅速遺伝子検査など、高度化する医療への適応を進めています。

オープンイノベーションで進む画像診断の研究開発
※写真内の医用画像は米国NCI Foundation for the NIHが一般公開したLIDC/IDRIデータベース内のものです

ディープラーニングを用いた画像再構成技術を搭載

キヤノンメディカルは、ディープラーニングを用いて画像のノイズを低減する画像再構成技術「AiCE(Advanced intelligent Clear-IQ Engine)」を開発し、世界初の高精細CT「Aquilion Precision」、エリアディテクターCT「Aquilion ONE/GENESIS Edition」に搭載しました。
「AiCE」の実用化により、健康診断の胸部レントゲン撮影と同程度のX線量で、より精密な検査を可能にしました。今後、ほかの医療機器にも随時搭載予定です。