開く

ネットワークカメラ

観光客にも市民にも
安心・快適な
地下鉄になりました

福岡市地下鉄は、ネットワークカメラで
安心・安全をアップグレード

年間1億6千万人以上の利用者を誇る福岡市地下鉄。2千万人を超える観光客の移動も含め、福岡市の交通の大動脈となっています。福岡市交通局は2021年の地下鉄開業40周年を前に、さらに安全で快適な輸送サービスとするために、アナログ監視カメラの一新に着手。空港線、箱崎線の2路線で、改札口やホーム、階段・エスカレーター、券売機周辺、駅への出入り口にキヤノンのネットワークカメラシステムを導入しました。
これまで各駅で個別に録画・管理していた映像を、中央指令室で一元管理。460台以上のカメラ映像が、必要なときにいつでも確認できるようになりました。フルHDの画質、15フレーム/秒の録画はそれまでと比べ画素数で24倍、フレーム/秒で10倍という高画質。なめらかな映像により、走っている人が次のフレームではいなくなったりすることもなく、券売機で使われたお札の種類まで判別可能なほどクリアです。映像を見直したいとき、従来のように各駅ごとの録画装置を確認するといった手間と時間のムダもありません。
刻々と変わるホームや階段の混雑に応じて、各駅の駅員の最適配置も実現し、安心・安全だけでなく、業務効率の改善にも貢献しています。

IoT時代のネットワークカメラシステムは
映像解析ソリューションへと進化しています

ハード・ソフト両面の進化

これからの社会の安心・安全を守るインフラとして欠かせないネットワークカメラ。ネットワークを介して、遠隔地からの操作、映像の共有、ソフトウエアによる異常検知などが行えることから、ネットワークカメラシステムは監視や防犯ニーズばかりでなく、マーケティングや工場の生産性向上に利用されるなど、市場は飛躍的な成長と変化をみせています。
キヤノンは光学技術を生かし、暗闇でも高精細にカラー撮影できるカメラを発売するなど、ハードウエアを強化するとともに、今後の成長の鍵となるAIを使った映像解析技術の開発にも注力。人数カウントのほか、性別や年齢層などの人物属性推定、リアルタイムに動体をシルエット表示して人物のプライバシーに配慮するソフトウエアなどを次々と商品化しています。ハードウエアとソフトウエア双方を進化させることで、市場の期待を先取りする新しいサービスを提案し、ネットワーク映像ソリューションの事業拡大に取り組んでいきます。

映像を一括管理するマイルストーンシステムズのソフトウエア「XProtect」

キヤノングループの力を結集

キヤノンは、世界中に約9万社のパートナーを持つネットワークカメラシステムのグローバルリーダーであるアクシス、映像管理ソフトウエア大手のマイルストーンシステムズをグループに加え、ネットワーク映像ソリューションを提供できる体制を整備しました。
2018年には、映像解析ソフトウエアのリーディング企業であるブリーフカム(本拠イスラエル)が新たにグループ入り。キヤノンはネットワークカメラ、映像管理、映像解析それぞれにおいて最先端技術を有するグループとなり、各社の力を結集して、さらに高度なソリューションを提供していきます。

キヤノンとアクシスによる共同開発

映像の確認を劇的に効率化する映像解析ソフトウエア

「BriefCam(ブリーフカム)」は、ブリーフカムが開発した映像解析ソフトウエアです。独自の映像要約技術により数時間の録画映像を数分に短縮。また、赤い車だけを表示するなど、映像確認作業を大幅に効率化します。警備にはもちろん、人の動線や交通量の可視化など、さまざまな分野での活用が始まっています。