Canon

作品詳細

洛中洛外図屏風(上杉本)らくちゅうらくがいずびょうぶ

狩野永徳

  • 「洛中洛外図屏風(上杉本)」 狩野永徳
  • 「洛中洛外図屏風(上杉本)」 狩野永徳

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
狩野永徳(かのうえいとく)筆
時代:
安土桃山時代 16世紀
材質:
和紙に印刷・金箔貼付
員数:
六曲一双
テーマ:
歴史をひもとく文化財
寸法:
各隻 縦159.2 × 横361.8cm
寄贈先:
米沢市地図
原本
所蔵:
米沢市上杉博物館
材質:
紙本金地著色
解説

本作品は永徳23歳の時のものと言われており、制作経緯は諸説あるが信長から上杉謙信のもとへ贈られたものとして有名である。図は、右隻に祇園祭で賑わう町並みを中心に御所や清水寺、東寺など下京が表され、左隻には公方邸や細川邸を大きく配し上京の景観が描かれている。一双全体で登場する人物は総勢2485人にも達し、貴賎僧俗、公武衆庶のあらゆる階層が随所に表され、あたかも絵画から彼らの立てる音や会話までが聞こえてきそうなほどいきいきと捉えられている。現存している永徳の作品の中でも秀逸な代表作であることは言うに及ばず、数ある洛中洛外図屏風の中でも出色の名品である。

作品紹介へ