Canon

作品詳細

建仁寺方丈障壁画 雲龍図襖 うんりゅうずふすま

海北友松

  • 「建仁寺方丈障壁画 雲龍図襖 」 海北友松
  • 「建仁寺方丈障壁画 雲龍図襖 」 海北友松

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
海北友松(かいほうゆうしょう)筆
時代:
安土桃山時代 16世紀
材質:
和紙に印刷
員数:
襖八面
テーマ:
歴史をひもとく文化財
寸法:
西側四面 各 縦198.0cm×横187.0cm
北側四面 各 縦186.0cm×横133.0cm
寄贈先:
大本山 建仁寺地図
制作期:
第2期制作:札の間西側四面
第4期制作:札の間北側四面
原本
所蔵:
大本山 建仁寺
材質:
紙本墨画
解説

近世初期の建仁寺復興にからんで海北友松が制作した日本を代表する水墨画群、重要文化財「建仁寺丈障壁画」五十面のうち礼の間を飾る八面の襖絵。 建仁寺方丈に招かれた客が最初に通される礼の間に於いて、北面には咆哮とともに雲間から出現する龍が、西面には待ち構えるように睨みをきかす龍が、それぞれに雲を従えながら圧倒的な迫力をもって描かれている。近世以来武門・禅門に特に好まれた龍を画題として、力量の試される大画面に余すことなく描きあげた本作品は、海北友松の得意とする水墨の龍の中でも随一の作品と言える。

作品紹介へ