Canon

作品詳細

四季花鳥図屏風しきかちょうずびょうぶ

狩野元信

  • 「四季花鳥図屏風」 狩野元信
  • 「四季花鳥図屏風」 狩野元信

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
狩野元信(かのうもとのぶ)筆
時代:
室町時代 16世紀
材質:
和紙に印刷・金箔貼付
員数:
六曲一双
テーマ:
歴史をひもとく文化財
寸法:
各隻 縦162.9 × 横359.6cm
寄贈先:
公益財団法人 白鶴美術館地図
原本
所蔵:
公益財団法人 白鶴美術館
材質:
紙本金地著色
解説

狩野元信は、狩野派初代の正信の後継であり、狩野派の画風及び組織体制両面においての確立者である。本作品は、金地に極彩色で、右隻に松・桜・紅梅・牡丹、そして大画面の孔雀をはじめとした鷺・雀・鶉など春から夏にかけての変化を表し、左隻には紅葉した楓が描かれ、その下に積雪した笹・岩がみられる。主に、秋から冬の移り変わりが表現されている。元信が積極的に大和絵の領域に進出したことを示す、大画面金碧画の一例として知られる。

公開情報

公開情報へ

公開期間:
9月20日(水)~12月10日(日)
場所:
白鶴美術館
URL:
http://www.hakutsuru-museum.org/
住所:
〒658-0063
兵庫県神戸市東灘区住吉山手6丁目1-1

作品紹介へ