Canon

作品詳細

松島図屏風まつしまずびょうぶ

俵屋宗達

  • 「松島図屏風」 俵屋宗達
  • 「松島図屏風」 俵屋宗達

Facsimiles of works in the collection of the Freer Gallery of Art,Smithsonian Institution, Washington, DC: Gift of Charles Lang Freer, F1906.231, F1906.232.

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
俵屋宗達(たわらやそうたつ)筆
時代:
江戸時代 17世紀
材質:
和紙に印刷・金箔貼付
員数:
六曲一双
テーマ:
海外に渡った日本の文化財
寸法:
各隻 縦152.0cm × 横355.7cm
寄贈先:
臨済宗大徳寺派 祥雲寺地図
原本
所蔵:
フリーア美術館
材質:
紙本金地著色
解説

琳派の祖、俵屋宗達の作品で、現存する宗達作の六つの屏風絵のうちの一つである。大阪堺市の祥雲寺に伝来したといわれるこの屏風は、堺の豪商 谷正安(1589年−1644年)が作成を依頼し、寄贈されたものとされる。その後、1902年までは祥雲寺にあったとされるが、明治期にアメリカのチャールズ・フリーアの収集品となった。右隻には岩の切り立つ荒磯が色彩豊かに描かれ、左隻には州浜に群生する松や浮き雲が描かれる。それらが金泥と墨を引き重ねて描かれた立体的な波のうねりとともに、躍動的交錯を生み出している。

作品紹介へ