Canon

作品詳細

建仁寺方丈障壁画 琴棋書画図襖 きんきしょがずふすま

海北友松

  • 「建仁寺方丈障壁画 琴棋書画図襖 」 海北友松
  • 「建仁寺方丈障壁画 琴棋書画図襖 」 海北友松

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
海北友松(かいほうゆうしょう)筆
時代:
安土桃山時代 16世紀
材質:
和紙に印刷
員数:
襖十面
テーマ:
歴史をひもとく文化財
寸法:
二面 縦 186.0cm×横84.0cm
一面 縦 190.0cm×横81.0cm
一面 縦 190.0cm×横226.0cm
二面 縦 185.0cm×横112.0cm
四面 縦 198.0cm×横139.0cm
寄贈先:
大本山 建仁寺地図
原本
所蔵:
大本山 建仁寺
材質:
紙本着色
解説

近年初期の建仁寺復興にからんで海北友松が制作した建仁寺方丈障壁画五十面のうち上間一之間(衣鉢の間)を飾る十面の襖絵。本作品のみが著色画であるが、狩野派的な真体着色画とは大きく印象が異なり、水墨画的要素をとどめている。友松の画体は狩野派の影響を受けた画風から、玉潤や梁楷の様式を導入し狩野派を脱しようとする画風、そして友松様式の確立した画風へと変遷するが、この作品は長い画面中に主題に関わる画面を中心部に集め両端に空間が広がっているのが、狩野派的構図からすると異例でありこの仕事に賭ける彼の意気込みが見て取れる。

作品紹介へ