シネカメラ

8mmシネカメラ

オートズーム518SV スーパー8

Auto Zoom 518 SV

Auto Zoom 518 SV

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1971年(昭和46年)3月
発売時価格 45,000円

シングル8 518SVと並行して開発されたスーパー8対応モデルで、シングル8同様に強力なサーボEEと新光学系を採用、前モデルのオートズーム518スーパー8から大きく性能がアップされた。
フィルムカートリッジの装填はドロップイン方式となり、しっかりした固定グリップとあいまって実用性を増したモデルといえる。絞り切り機構により、フェードイン・フェードアウトテクニックも可能とした。

型式 スーパー8方式 8ミリシネカメラ
画面サイズ 4.2×5.7mm (映写画面 4×5.4mm)
使用フィルム スーパー8 カートリッジフィルム
レンズ 焦点距離 / 明るさ 9.5~47.5mm F1.8 (11群14枚構成/内稀元素ガラス6枚) 内径48mm 外径50mm
アンバーおよびマゼンタコーティング
ワイドコンバーター0.65×使用により6.2~31mmの広角系ズームに変換、テレコンバーター1.6×の使用により15.6~78mmの超望遠系ズームに変換可能
ズーム比 5倍
フォーカシング 手動(前玉回転式) 1.2m~∞
ズーミング 電動ズーム(約6秒)およびズーミングリングによる手動 回転角約100゜
フィルターねじ径 48mm
ファインダー 型式 一眼レフ式
距離計 プリズムスクリーン距離計(マイクロプリズム)
視度調節 -3~+1ジオプター
ファインダー内情報 絞り数値、メーター指針、高低輝度警告マーク、フィルム完了予告
EE機構 方式 CdS使用TTL測光方式のサーボEE、使用フィルムとコマスピードに連動する自動絞り機構
測光範囲 ISO400 F1.8 18コマ~ISO16 F32 高速コマ
フィルム感度 カートリッジによる自動セット
人工光用 : ISO25 40 64 100 160 250 400
昼光用 : ISO16 25 40 64 100 160 250
CCAフィルター 人工光用フィルムを昼光下で使用するためのカラーコンバージョンA(CCA)フィルターを内蔵、デイライトカートリッジ(昼光用)による自動解除、外部解除可能
絞りの手動調節 一操作のEE、手動切り換えリングにより任意の絞りで撮影可能および絞り切りによるフェードイン、フェードアウト可能
フィルム駆動 方式 高性能マイクロモーターによる電動フィルム給送
コマスピード 18、24コマ/秒、高速SLOW MOTION(約36コマ)および1コマ
電源 単3乾電池 4本使用、グリップ内に収納、駆動および測光兼用
撮影本数 常温で約10本
フィルムカウンター カートリッジ着脱に連動する自動復帰順算式
バッテリーチェッカー 専用ボタン押しミニメーター表示式
シャッター 開角度 160゜
レリーズソケット 連続用、1コマ用
切替スイッチ 安全スイッチ兼ランニングロックおよびリモートコントロールの切り換え用
フィルム完了予告シグナル フィルム完了2ft前に黄色ランプで表示する警告信号
安全装置 EE警告 フィルム送り確認窓など撮影のミス防止用
リモートコントロール リモートスイッチ3により可能
グリップ 固定 電池収納室兼用
大きさ(幅×高さ×奥行) 60.5×193.5×212mm
質量 1200g(本体のみ)
カタログ