シネカメラ

16mmシネカメラ

スクーピック16MS

SCOOPIC 16MS

SCOOPIC 16MS

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1977年(昭和52年)不明
発売時価格 不明

1974年発売のスクーピック16MNを母体に、映画撮影用の400フィートマガジンが本体上部に装着可能となるよう改良したモデル。上部電池室部分が交換可能となっており、ここにオプションの400フィートマガジンアダプターを取り付けることで、Mitchell製やCinemaProducts製のフィルムマガジンの装着を可能としている。また、ファインダーにはテレビ画面ガイド用のフレームラインが追加された。

型式 マクロ付ズームレンズ組み込みのEE式16mmシネカメラ
画面サイズ 10.26×7.49mm
使用フィルム 16mm幅30.5m(100フィート)フィルム、両孔、片孔、兼用
アダプターを介し400フィートマガジン装着可能
レンズ 焦点距離 / 明るさ 12.5~75mm T2.5(F1.8) (12群16枚構成)
ズーム比 6倍
フォーカシング 手動式(前玉回転式) 1.1m~∞
マクロ撮影距離 レンズ前面より80mm-750mm、多点フォーカス撮影可能
ズーミング 手動式(レバー付)
フィルター 撮影レンズ光路内にゼラチンフィルターを挿入
前枠ねじ径 72mm
ファインダー 型式 一眼レフ式(回転式アイカップ付、アイピースシャッター組み込み)
距離計 なし(全面マットのピントグラスによるピント合わせ)
視度調節 -4~+2ジオプター(視度固定リング付)
ファインダー内情報 TVフレームライン、絞り数値、メーター指針、高低輝度警告マーク、手動絞り表示マーク
EE機構 方式 高感度CdSおよびマイクロモーターによるサーボ機構組み込みのEE自動絞り方式
測光範囲 ISO640 T2.5 16コマ~ISO20 T22 64コマ (1コマは連動しない)
フィルム感度 20~640(1/3段ステップ)
絞り調節 受光部の手動絞りリングにより、T2.5~T22の間で可能
フィルム駆動 方式 内蔵小型モーターによる電動フィルム給送、特殊電子ガバナーによるフィルム送り制御
フィルム装填 横蓋開閉式、フィルム先端をガイドに差し込むだけの自動装填方式
(ローディングしないと蓋が閉まらないフールプルーフ機構付)
コマスピード 16、24、32、48、64コマ/秒および1コマ
電源 専用のニッケルカドミウム12V電池
充電時間:常温で3.5時間
フィルム駆動および自動絞り回路兼用
ボディ内装填、外部電池の使用可能
撮影本数 100フィート×16本(24コマ・常温)
フィルムカウンター 横蓋開閉によりS位置に復帰する順算式、5フィートごとに目盛あり
バッテリーチェッカー 専用ボタン押しミニメーター表示式
シャッター 開角度 170゜
ソケット ケーブルレリーズソケット、外部電源ソケット(リモートコントロールソケット兼用)
グリップ ハンドグリップ固定式、ハンドストラップ付
三脚ねじ穴 2種(CU1/4、CU3/8)
その他 フィルムゆるみ巻き込みノブ、アクセサリーシュー、フィルムカッター(フィルム室に内蔵)
対応400フィートマガジン:MitchelおよびCP16mmカメラマガジン
大きさ(幅×高さ×奥行) 175×230×287mm
質量 3400g(フィルム入り400フィートマガジン装着時は2700g増)
カタログ