コンパクトデジタルカメラ

デジタルスチルカメラ

PowerShot A200

PowerShot A200

PowerShot A200

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • 作例
発売年月 2002年(平成14年)6月
発売時価格 32,000円

「PowerShot A100」(2002年4月発売)の上位機種として、2メガピクセルCCDを搭載し、エントリーモデルとしての魅力・充実度をより一層高めている。高解像で明るいF2.8単焦点レンズや、色再現性に優れた原色フィルターと、高精細・高速画像処理を可能にする独自の「新映像エンジン」との組み合わせにより、ワンランク上の高画質を実現。

単3形電池(2本駆動)の対応や、ワンクリックで開閉できるレンズカバーの搭載、大きな十字配列ボタンの採用、新画像記録フォーマット「Exif 2.2」(愛称:Exif Print)への対応など、エントリーモデルとしての使い易さにも十分配慮している。さらに、クラストップレベルの5cmまで寄れるマクロ撮影機能や、専 用ズームボタンで連続的に画角が変化する4倍のデジタルズーム(35mmフィルム換算:39-156mm相当)を搭載し、単焦点モデルながら本格的な撮影を楽しむことができる。このほか、動画撮影やノイズリダクションといった上位機種に搭載されている機能も備える。

撮像素子 約200万画素(CCD 1/3.2型 総画素数約210万画素)
感度 ISO50/100/200/400相当
(Auto時は周辺輝度に応じてISO50~150の間で自動的に設定)
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(Type1 )
画像ファイルフォーマット 静止画:JPEG (Exif2.2 対応)
動画:AVI (画像データ: Motion JPEG)
画像記録フォーマット DCF、DPOF 対応
記録画素数 [静止画]ラージ:1600×1200/ミドル:1024×768/スモール:640×480
[動画]320X240画素(20フレーム/秒)、160X120画素(20フレーム/秒)
記録可能枚数*(8MBCFカード〔同梱〕記録時)

* 記録可能枚数はおよその数字です。記録枚数は被写体などによって変わります。

静止画 スーパーファイン/ ファイン/ ノーマル
ラージ 約7枚/ 約11枚/ 約24枚
ミドル 約16枚/ 約24枚/ 約46枚
スモール 約35枚/ 約50枚/ 約87枚
動画 320×240画素:約18秒、160×120画素:約48秒
レンズ 5mm(35mmフィルム換算:39mm) F2.8
撮影可能範囲
(レンズ先端より)
通常:20cm~∞ マクロ時:5cm~20cm
デジタルズーム 4倍
シャッター メカニカルシャッター+電子シャッター
シャッタースピード 1~1/2000秒 1~1/6 秒はマニュアルモードで、ストロボOFFまたはスローシンクロ時、(ノイズリダクション処理あり)。
AF方式 TTLオートフォーカス(3点測距/中央1点)
測光方式 評価測光(測距点に連動)
ストロボ 内蔵ストロボ(赤目緩和オート/オート/オン/(オフ)/スローシンクロ)ストロボ連動範囲:20cm~2m
ホワイトバランス TTLオートホワイトバランス、プリセットホワイトバランス(太陽光・くもり・電球・蛍光灯・蛍光灯H)
撮影モード オート/マニュアル/スティッチアシスト/動画
色効果 くっきりカラ-/すっきりカラ-/ソフト/セピア/白黒
連続撮影モード 約2画像/秒(ラージ/ファインモード、液晶モニターOFF時)
光学ファインダー 逆ガリレオ式ファインダー
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター(視野率:100%)
インタフェース USB
電池 単3形アルカリ/単3形NiMH/専用コンパクトパワーアダプター
撮影枚数

*測定条件:常温23°C、20秒間隔で撮影、4回に1回ストロボ発光、8回に1回電源ON/OFF操作を行う。

単3形アルカリ乾電池
液晶モニタON :約90画像
液晶モニタOFF:約300画像
単3形ニッケル水素電池
液晶モニタON :約200画像
液晶モニタOFF:約550画像
大きさ・質量 110(幅)×58(高さ)×36.6(奥行き)mm(突起部を除く)
・約175g(本体のみ)
作例1
751KB