コンパクトデジタルカメラ

デジタルスチルカメラ

PowerShot S3 IS

PowerShot S3 IS

PowerShot S3 IS

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • 作例
発売年月 2006年(平成18年) 4月
発売時価格 オープン価格

“PowerShot S3 IS”は、高倍率ズームや充実した動画撮影機能などで好評の「S2 IS」(2005年6月発売)の後継機種として開発されたモデルである。光学12倍ズームレンズをはじめ、USM(超音波モーター)による高速/静音ズー ム駆動や高性能映像エンジン「DIGIC Ⅱ」はそのままに、補正精度のさらなる向上を実現したレンズシフト式手ブレ補正機構を搭載、またCCDの高画素化(5.0メガから6.0メガピクセルへ) とバリアングル液晶モニターの大型化(1.8型から2.0型へ)を図っている。

また、最高ISO800相当まで自動的に感度アップを行う「高感度オート」を新たに採用し、手ブレだけではなく被写体ブレが発生しやすい撮影シーンにも威力を発揮。記録画 素数には16:9の画像の撮影/再生が可能な「ワイド」を追加し、コンパクトフォトプリンター SELPHY CPシリーズと接続すれば、ワイドサイズ用紙での迫力ある全面フチなし印刷が楽しめる。さらに、動きの速い被写体の連続撮影に最適な「スポーツ」の新設に より22通りに拡充した撮影モードに加え、撮影後の画像に対しても簡単に色変換/強調が行える「レタッチマイカラー」の搭載など、機能面がより一層の充実 している。

動画機能としては、高品位なステレオ音声とVGA(640×480画素)・30フレーム/秒の滑らかで高画質な映像により、ビデオカメラにも迫る本格的な 動画撮影を楽しめる。また、記録モードは、QVGA(320×240画素)・60フレーム/秒を追加した5通りから選択可能。さらに、撮影中でも操作が可 能な光学ズームや、動画撮影中の静止画撮影を可能にする「フォト・イン・ムービー」機能、どのモードからでもボタン一つで撮影を開始できるムービーボタン など、動画撮影の楽しさを広げる機能を数多く搭載している。

カメラ部有効画素数 約600万画素
撮像素子 1/2.5型CCD
総画素数約620万画素
レンズ 焦点距離
(35mmフィルム換算)
6.0(W)-72.0mm(T)[36(W)-432mm(T)]
F値 F2.7(W)-3.5(T)
構成枚数 9群11枚(非球面レンズ1枚)
撮影距離
(レンズ先端より)
通常撮影:50(W)/90(T)cm~∞
マクロ撮影:10~50cm(W)
スーパーマクロ撮影:0~10cm(W)
マクロ時最大撮影範囲 22×16mm(W)
デジタルズーム 約4.0倍(光学ズームと合わせて最大約48倍)
AF方式 TTL1点AF(任意位置設定可能)、シングル/コンティニュアス選択可能、AFロック可能、マニュアルフォーカス可能、フォーカスブラケティング機能、AF補助光(入/切可能)
電子ビューファインダー 0.33型カラー電子ビューファインダー
(約11.5万画素、視度調整、輝度調節機能付き)
露出制御方式 プログラムAE、シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出(AEロック可能)
露出補正 ±2段(1/3ステップごと)、AEB撮影可能
シャッタースピード 15~1/3200秒、1.3秒以上はノイズリダクション処理あり
連写 高速連写:約2.3画像/秒*1
通常連写:約1.5画像/秒(ラージ・ファイン)

*1 高速連写時は被写体を確認しながらの撮影はできません。

感度 オート、高感度オート/ISO80/100/200/400/800相当
ホワイトバランス オート、プリセット(太陽光/くもり/電球/蛍光灯/蛍光灯H/ストロボ)、マニュアル
液晶モニター 2.0型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター(約11.5万画素)、
視野率:100%、バリアングルタイプ
測光方式 評価測光、中央部重点平均測光、
スポット測光(中央固定/AF枠連動)
内蔵ストロボ(撮影距離) 通常撮影:50cm~5.2m(W)/90cm~4.0m(T)
マクロ撮影:30cm~50cm(W)(感度設定:オート時)
撮影モード オート、プログラム、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出、カスタム、ポートレート、風景、夜景、スポーツ、スペシャルシーン(新緑/紅葉、スノー、ビーチ、打上げ花火、パーティー/室内、ナイトスナップ、ワンポイントカラー、スイッチカラー)、スティッチアシスト、動画
記録画素数 静止画 
ラージ 2816×2112画素
ミドル1 2272×1704画素
ミドル2 1600×1200画素
スモール 640×480画素
ワイド 2816×1584画素
動画 640×480:30fps/15fps、320×240:60fps/30fps/15fps(メモリ容量に依存)*2

*2 ファイルサイズは最大1GB。

静止画圧縮率 スーパーファイン、ファイン、ノーマル
記録枚数
(合計時間)

* 右記は当社標準撮影条件によるものであり、被写体・撮影状況・撮影モードなどにより変化します。

16MB SDメモリーカード(付属)記録時
静止画 スーパーファイン/ファイン/ノーマル
ラージ 約4枚/約8枚/約17枚
ミドル1 約6枚/約12枚/約24枚
ミドル2 約13枚/約24枚/約46枚
スモール 約52枚/約80枚/約127枚
ワイド 約6枚/約11枚/約23枚
動画 640×480画素(30フレーム/秒): 6秒
640×480画素(15フレーム/秒):14秒
320×240画素(60フレーム/秒):10秒
320×240画素(30フレーム/秒):20秒
320×240画素(15フレーム/秒):40秒
128MB SDメモリーカード記録時
静止画 スーパーファイン/ファイン/ノーマル
ラージ 約45枚/約75枚/約156枚
ミドル1 約61枚/約109枚/約217枚
ミドル2 約121枚/約217枚/約411枚
スモール 約460枚/約711枚/約1118枚
ワイド 約60枚/約101枚/約205枚
動画 640×480画素(30フレーム/秒):1分4秒
640×480画素(15フレーム/秒):2分7秒
320×240画素(60フレーム/秒):1分32秒
320×240画素(30フレーム/秒):3分1秒
320×240画素(15フレーム/秒):5分55秒
512MB SDメモリーカード記録時
静止画 スーパーファイン/ファイン/ノーマル
ラージ 約176枚/約296枚/約603枚
ミドル1 約237枚/約425枚/約839枚
ミドル2 約471枚/約839枚/約1590枚
スモール 約1777枚/約2747枚/約4317枚
ワイド 約235枚/約392枚/約794枚
動画 640×480画素(30フレーム/秒):4分9秒
640×480画素(15フレーム/秒):8分14秒
320×240画素(60フレーム/秒):5分59秒
320×240画素(30フレーム/秒):11分42秒
320×240画素(15フレーム/秒):22分53秒
記録フォーマット DCF準拠,、DPOF(Ver1.1)対応
データ
タイプ
静止画 JPEG Exif2.2
動画 AVI〔画像データ:Motion JPEG、音声:WAVE(ステレオ)、60/30/15フレーム/秒〕
音声 WAVE(ステレオ)
記録媒体 SDメモリーカード/マルチメディアカード
再生モード シングル再生、インデックス再生、拡大再生(約2~10倍)、
ジャンプ、縦横自動判別、回転表示、動画再生(スロー再生可能)、音声メモ(最長60秒)、スライドショー、ヒストグラム表示可能
その他の機能 PictBridge/CPダイレクト/Bubble
Jetダイレクト対応、ExifPrint対応、言語設定(23種類)、マイカメラ機能
インターフェース USB 2.0Hi-Speed(mini-B)、AV-OUT(ステレオ音声)
電源 1次電池:単3形アルカリ電池
2次電池:単3形ニッケル水素電池(NB4-300[別売]推奨)
コンパクトパワーアダプター(CA-PS700[別売])
撮影可能枚数
静止画
  液晶モニター表示時(CIPA測定準拠)*3/ビューファインダー表示時*4
単3形アルカリ電池使用時 約110枚/約110枚
単3形ニッケル水素電池使用時 約550枚*5/約570枚

*3 液晶モニター表示時の撮影可能枚数はCIPA規格による。液晶モニター非表示時の測定値は自社測定法による。液晶モニター非表示以外の項目はCIPA規格に同じ。
*4 ビューファインダー表示時の測定値は自社測定法による。ビューファインダー表示以外の項目はCIPA規程に同じ。
*5 電池はキヤノン製NB4-300、メモリーカードは付属品と同一のものを使用。

再生可能時間*6

*6: 測定基準:常温23°C、1画像あたり3秒間隔で連続再生。低温下では、バッテリー性能が低下する場合があります。(当社測定条件による)

単3形アルカリ電池:約780分
単3形ニッケル水素電池(別売):約900分
動作環境 温度:0~40°C、湿度:10~90%
大きさ 113.4×78.0×75.5mm(突起部を除く)
質量 約410g(本体のみ)
作例1
1.37MB