コンパクトデジタルカメラ

PowerShot A1100 IS

PowerShot A1100 IS

PowerShot A1100 IS

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • 作例
発売年月 2009年(平成21年) 2月
発売時価格 オープン価格

“PowerShot A1100 IS”は、「A1000 IS」(2008 年9 月発売)の後継機種である。電源には汎用性に優れた単三形電池を採用し、ボディカラーは2色のバリエーションがある。

カメラ部有効画素数 約1210万画素
撮像素子 1/2.3型CCD(総画素数 約1270万画素)
レンズ 6.2(W)- 24.8(T)mm
35mmフィルム換算:35(W)- 140(T)mm
F2.7(W)- F5.6(T)
デジタルズーム 約4.0倍(光学ズームと合わせて最大約16倍)
光学ファインダー 実像式光学ズームファインダー
液晶モニター 2.5型TFT液晶カラーモニター
約11.5万ドット、視野率100%
AFフレームモード 顔優先AiAF / 中央
撮影距離
(レンズ先端より)
オート、らくらく:3cm~∞(W)/ 30~∞(T)
通常:50cm~∞
マクロ:3~50cm(W)/ 30~50cm(T)
遠景:3m~∞
シャッター メカニカルシャッター・電子シャッター
シャッタースピード 1~1/1600秒
15~1/1600秒(すべての撮影モードをあわせたシャッタースピード範囲)
手ブレ補正 レンズシフト方式
測光方式 評価 / 中央部重点平均 / スポット
露出補正 ± 2 段(1/3 段ステップ)
ISO感度
(標準出力感度・推奨露光指数)
オート、ISO80 / 100 / 200 / 400 / 800 / 1600
ホワイトバランス オート/太陽光/くもり/電球/蛍光灯/蛍光灯H /マニュアル
内蔵ストロボ オート / 常時発光 / スローシンクロ / 発光禁止

赤目自動補正 / 赤目緩和ランプ / FEロック設定可能

内蔵ストロボ調光範囲 30cm~4.0m(W) / 30cm~2.0m(T)
撮影モード オート、らくらく、プログラムAE、ポートレート、風景、ナイトスナップ、キッズ&ペット、パーティ/室内、スペシャルシーンモード、動画

夕焼け、夜景、打上げ花火、長秒時撮影、ビーチ、水族館、新緑/紅葉、スノー、ISO3200

連続撮影 約1.1枚/秒
セルフタイマー 10秒 / 2秒 / 顔セルフタイマー / カスタム
暗部補正 自動 / 切
記録媒体 SDメモリーカード / SDHCメモリーカード / MultiMediaカード / MMCplusカード / HC MMCplusカード
ファイルフォーマット SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、MultiMediaカード、MMCplusカード、HC MMCplusカード
DCF準拠、DPOF対応

DCFは(社)電子情報技術産業協会(JEITA)で標準化された規格「Design rule for Camera File system」の略称です。

データタイプ 静止画:Exif 2.2(JPEG)
動画:AVI(画像:Motion JPEG、音声:WAVE(モノラル))
圧縮率 ファイン/ノーマル
記録画素数 静止画
ラージ:4000×3000画素
ミドル1 :3264×2448画素
ミドル2 :2592×1944画素
ミドル3 :1600×1200画素
スモール:640×480画素
ワイド:4000×2248画素
動画
640×480画素(30フレーム/秒)
640×480画素(30フレーム/秒LP)
320×240画素(30フレーム/秒)
撮影可能枚数 液晶モニター表示時:約140枚(CIPA測定法準拠)
液晶モニター非表示時:約430枚
再生機能 1画像、らくらく、動画、インデックス、ジャンプ、ピント位置拡大、拡大、スライドショー
編集機能 消去、保護、回転、リサイズ、暗部補正、赤目補正
ダイレクトプリント方式 PictBridge対応
インターフェース Hi-Speed USB(デジタル・音声・映像一体型専用コネクター*)

mini-B互換

映像 / 音声出力(NTSCまたはPAL切換可能、モノラル音声)

通信プロトコル設定 MTP、PTP
電源 単3形アルカリ電池2本
単3形ニッケル水素電池2本(NB-3AH別売)
動作温度 0 ~ 40 ℃
動作湿度 10 ~ 90%
大きさ(突起部を除く) 95.4×62.4×31.0mm
質量(本体のみ) 約155g
作例1
2.79MB
サムネイルをクリックすると、オリジナル画像が表示されます。