EFレンズ

単焦点レンズ 超望遠

EF500mm F4.5L USM

  • 主な仕様
  • 構成図
  • 作例
発売年月 1992年(平成4年)3月
発売時価格 750,000円(ケース付き)
レンズ構成(群) 7
レンズ構成(枚) 8
絞り羽根枚数 9
最小絞り 32
最短撮影距離(m) 5
最大撮影倍率(倍) 0.11
フィルター径(mm) 48
最大径x長さ(mm)x(mm) 130 x 390
質 量(g) 3,000

機動性を重視して開発された500mm超望遠レンズ。徹底した軽量・コンパクト設計により、手持ち撮影のしやすい質量3kgを達成、モータースポーツ、サッカー等の各種スポーツ関係のカメラマンに愛用者が多い。光学系には蛍石レンズとUDレンズを各1枚採用、色収差を徹底除去して高画質を実現。リングUSM+インナーフォーカス方式による静粛・高速AFは勿論、フルタイムマニュアルフォーカス、フォーカスプリセット機構、フォーカス敏感度切り換え等操作性も抜群。エクステンダーEF1.4X,2Xも使用可能となっている。

Block diagram

蛍石レンズ UDレンズ

作例