EFレンズ

単焦点レンズ 超望遠

EF500mm F4L IS USM

  • 主な仕様
  • 構成図
  • 作例
発売年月 1999年(平成11年)7月
発売時価格 980,000円 (ケース・フード付き)
レンズ構成(群) 13
レンズ構成(枚) 17
絞り羽根枚数 8
最小絞り 32
最短撮影距離(m) 4.5
最大撮影倍率(倍) 0.12
フィルター径(mm) 52
最大径x長さ(mm)x(mm) 146 x 387
質 量(g) 3,870

モータースポーツなどの撮影に適した、手ブレ補正機構搭載の大口径望遠Lレンズ。EF500mm F4.5L USMの後継機種として開発された。光学系は開放F値をF4に大口径化、蛍石レンズ1枚、UDレンズを2枚配置することで超高画質を達成している。保護ガラスや後部フィルターも標準搭載しておりレンズ枚数に含まれている。手ブレ補正効果はシャッタースピード換算で約2段分* 、流し撮りなどで発生するファインダー像のゆれを 防止する「手ブレ補正モード2」も搭載、手ブレ補正機能ON状態での三脚使用も可能となっている。フォーカスレンズ群の軽量化とAF駆動アルゴリズムの改善により、超高速AFを達成、AFを一時的に中断する新機能、AFストップ機能も新たに採用した。マニュアルフォーカスはメカニカル方式で、省電力仕様となっている。主要部品にはマグネシウム合金を採用、光 学系の軽量化なども含め、従来レンズから大幅な軽量化を達成した。またマウント部やスイッチ類等にラバー部材を採用し、優れた防塵・防滴性を実現した。三脚座は着脱可能で、ドロップインフィルター52(標準装備)、カーボンファイバー製フード、スーツケース型レンズケースも使い勝手に優れた仕様となっている。

* 手ブレを防ぐ限界の目安である「1/焦点距離」秒に対して

Block diagram

UDレンズ 蛍石レンズ

Sample Images
0.5MB