EFレンズ

ズームレンズ 広角

EF17-40mm F4L USM

  • 主な仕様
  • 構成図
  • 作例
発売年月 2003年(平成15年)5月
発売時価格 120,000円 (ケース・フード付き)
レンズ構成(群) 9
レンズ構成(枚) 12
絞り羽根枚数 7 (円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 0.28
最大撮影倍率(倍) 0.24
フィルター径(mm) 77
最大径x長さ(mm)x(mm) 83.5 X 96.8
質 量(g) 475

「EF20-35mm F3.5-4.5 USM」の上位機種として新たに開発されたもので、Lレンズの高画質と高いコストパフォーマンスの両立を実現している。新規光学設計の採用により、広角側17mm、望遠側40mmとそれぞれズーム域を拡大したほか、2種類・3枚の非球面レンズやスーパーUDレンズといった特殊光学材料を使用することで、さらなる高画質化を図った。これにより、デジタルAF一眼レフカメラ「EOS 10D」といった35mmフィルムカメラに比べイメージサイズの小さい デジタルAF一眼レフカメラでも、より広角側での撮影が可能となった。さらに、コーティングの最適化によりフレアや ゴーストを抑制するとともに、スーパーUDレンズの採用により、広角レンズで発生しやすい倍率色収差を良好に補正することで、デジタルAF一眼レフカメラでの撮影においても、より一層の高画質を実現した。

また、ズーム全域で0.28mというさらなる最短撮影距離の短縮化を達成したほか、防塵・防滴構造の採用やAF速度の向上など、 細部にわたる高性能化を図っている。

Block diagram

非球面レンズ スーパーUDレンズ

作例
5.42MB