フィルムカメラ

35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ

AV-1

AV-1

AV-1

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • 広告
発売年月 1979年(昭和54年)5月
発売時価格 57,000円(ニューFD50mm F2付き)

なじみのない絞り値(f/NO)よりも時間であるシャッタースピード値の方がユーザーにとっては分かりやすいことから、絞り優先式に比べてコストは高騰するが、キヤノンはシャッタースピード優先式にこだわってきた。しかし、アメリカを始めとする海外市場では、依然として絞り優先式AEの35mm一眼レフカメラが多数を占めていた。
そのような市場の背景から、海外販社からも絞り優先式AE機を望む声が多く寄せられており、その期待に応えざるを得なくなり開発されたのがAV-1であった。
このカメラと同時にFDレンズはワンタッチ着脱式のニューFDへと衣替えした。この機種用に廉価なFD50mm F2の標準レンズが用意された。

型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ ニューFD50mm F1.8、ニューFD50mm F2(着脱方式がワンタッチ式になる)
マウント FDマウント
シャッター 4軸式の布幕横走行フォーカルプレーン1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1、2秒、B、X、全速無段階電子制御式、時限調節式セルフタイマー内蔵(LED点滅作動表示)
フラッシュシンクロ X接点ホットシュー式
ファインダー ペンタ固定アイレベル式、倍率0.87倍、視野率=上下92%、左右93%、スクリーン中央にスプリットイメージ式距離計、その周辺にマイクロプリズム式距離計を備えたフレネルマット式、視野内に露出計指針、シャッタースピード目盛り、露出過不足警告マーク、バッテリーチェック指標兼手振れ警告、スピードライトの充電完了表示
測光・露出制御 SPC素子使用、TTL開放絞り優先式AE、測光感度分布特性は中央部重点平均測光、測光連動範囲はEV1~18(ISO 100:F1.4)、フィルム感度使用域はISO 25~1600
使用電源 6Vの4G-13型酸化銀電池又は4LR44アルカリマンガン電池1個
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み式、上部レバー120度回転、予備角30度(小刻み巻き上げ可能)
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式
フィルム巻き戻し 折り畳み回転クランク式
大きさと質量 139×85×48mm、490g(ボディ)
広告