フィルムカメラ

35mmレンズシャッター式カメラ

スナッピイ50

Snappy 50

Snappy 50

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1982年(昭和57年)7月
発売時価格 34,800円

新しいコンセプトにより開発されたレンズシャッター式のAF全自動35mmコンパクトカメラ。
カメラの高さを、従来機種比で約30%低くした横長デザインは、独自のフォルムを形作っていた。
オートフォーカスの方式は、ソリッドステート構造による近赤外光投射のアクティブ型。EE機構は絞り兼用の電子制御プログラム式で、測光連動範囲はEV8.6(1/30秒、F3.5)~EV15(1/350秒、F9.5)。シャッタースピードは、使用フィルム感度に応じて、1/20~1/500秒間で制御されていた。
内蔵スピードライトは、手振れ警告ランプが点灯するとスイッチを自分で引出して使う方式、ガイドナンバーは11(ISO 100・m)であった。

型式 35mmレンズシャッター式オートフォーカス全自動カメラ
画面サイズ 24×36mm
AF方式 近赤外光投射による三角測量方式
標準レンズ 35mm F3.5(4群4枚構成)、保護用のクイックレンズカバー付き
シャッター 絞り兼用電子制御プログラム式、EV8.6(1/30秒、F3.5)~15(1/350秒、F9.5)シャッタースピードは1/20~1/500秒間で制御可能
ファインダー 逆ガリレオ式ビューファインダー、倍率0.45倍、バッテリーチェッカー兼手振れ警告用表示ランプ付き
EE機構 SPC素子使用、2速式完全自動プログラム式EE、測光連動範囲=EV8.6~15(ISO100)、フィルム感度使用域=ISO100と400
内蔵スピードライト ガイドナンバー11(ISO 100・m)、手振れ警告ランプ点灯でストロボスイッチを引き出して使用する
使用電源 1.5Vの単3型電池2本
フィルム装填・給送 裏蓋開閉フィルム位置合わせ、レリーズボタン押しで自動空送り-撮影ごとに巻き上げられる自動巻き上げ
フィルムカウンター 裏蓋開閉に連動して自動復帰する順算式(巻き戻しに連動する可逆式)
フィルム巻き戻し ロック解除ボタンを押しながら巻き戻しスイッチを停止位置にセットする自動巻き戻し式
大きさと質量 148×58×44mm、300g
カタログ
カタログ