フィルムカメラ

35mmレンズシャッター式カメラ

MC/MCクオーツデート

MC/MC QD

MC/MC QD

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1984年(昭和59年)4月
発売時価格 47,000円
2,000円(ケース)
7,000円(スピードライトMC-S)

MCはMicroCompactの頭文字からとった名称。
超小型でありながら仕様・機能・外観処理などにも高級精密感を求める市場ニ一ズに応えるべく開発された機種で、近赤外光投射型のオートフォーカスを採用したレンズシャッター式の35mm全自動コンパクトカメラ。
ボディを小型化する関係から、スピードライトは外付け式とし、ボディの側面にワンタッチで装着脱できる直結式、ガイドナンバー11(ISO 100・m)のMC-Sが用意されていた。
フィルム感度使用域の高感度側は、35mm全自動コンパクトとしては希有なISO 1000をカバーする仕様になっていた。

MCクオーツデートは、MCの背蓋をデート付きとした日付け同時写し込み機構付きのカメラ。価格はMCより5,000円高だった。

型式 35mmレンズシャッター式オートフォーカス全自動カメラ
画面サイズ 24×36mm
AF方式 近赤外光投射による三角測量方式、プリフォーカス可能
標準レンズ 35mm F2.8(4群4枚構成)
シャッター 絞り兼用電磁駆動電子制御プログラム式、EV6(1/8秒、F2.8)~17(1/5000秒、F16)、セルフ タイマー内蔵(電子制御式)
ファインダー ブライトフレーム付き逆ガリレオ式、視野内にオートフォーカス用フレーム、近・中・中遠・遠距離のゾーンフォーカスマークと距離指針、近距離補正マーク、バッテリーチェッカー兼手振れ警告、倍率0.46倍
EE機構 SPC素子使用の完全自動プログラム式EE、測光連動範囲=EV6~17(ISO 100)、フィルム感度使用域=ISO 64~1000
使用電源 1.5Vの単4型電池2本
フィルム装填・給送 フィルム位置合わせ、裏蓋閉じで自動セットされるオートローディング、内蔵モーターによる自動巻き上げ、巻き上げ速度は約1コマ/秒
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式
フィルム巻き戻し 内蔵モーターによる完全自動式(途中巻き戻し可能)
外付け式スピードライト
(MC-S)
ロック機構付きタイプの直結式、ガイドナンバー11(ISO 100・m)、常時フル発光型、外付けスピー ドライト用に1.5Vの単4型電池2本を別に使用
大きさと質量 106×65×42mm、255g(電池含む)
137×65×42mm、330g(MC-S付き、電池含む)
カタログ