フィルムカメラ

35mmレンズシャッター式カメラ

オートボーイズームスーパー

SURE SHOT ZOOM XL

PRIMA ZOOM F

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1989年(平成元年)9月
発売時価格 54,800円(ケース付き)

SPCラインセンサーを使用した、三角測量方式の受動型オートフォーカス35mm全自動ズームカメラ。
近赤外光投射のオートフォーカス用補助光機構、およびプリフォーカス機構付き。
レンズは、FD交換レンズに匹敵する光学性能を求めて開発された8群9枚構成による39-85mm F3.6-7.3、ワイド/テレボタン操作での電動ズーミング、便利な撮影倍率一定モードを備えていた。
ファインダー機構は、明快な視野を確保する視野枠付きの実橡ズーム式、内蔵スピードライトはガイドナンバー11.8~14.4(ISO 100・m)と、焦点距離可変に連動するズーム式であった。
レンズシャッター式AF35mm全自動カメラの最高級機に君臨した多機能・高性能カメラだった。

型式 35mmレンズシャッター式オートフォーカス/ズームレンズ内蔵全自動カメラ
画面サイズ 24×36mm
AF方式 SPCラインセンサー使用のSSTパッシブ式(受動式)オートフォーカス、近赤外光投射のオートフォーカス用補助光機能付き、プリフォーカス可
レンズ 39-85mm F3.6-7.3(8群9枚構成)、ワイド/テレボタンによる電動ズーム、倍率一定モード機能付き
シャッター 絞り兼用モーター駆動による電子制御プログラム式、セルフタイマー内蔵(電子制御式)、オートモ ード/スピードライトONモード=39mm時EV7(1/40秒、F3.6)~17(1/250秒、F22)、85mm 時EV12(1/80秒、F7.3)~19(1/250秒、F45)、 スローシンクロモード/スピードライトOFFモード=39mm時EV2.5(2秒、F3.6)~17(1/250秒、F22)、85mm時EV4.5(2秒、F7.3)~19(1/250秒、F45)
ファインダー 視野枠付き実像式ズームファインダー、視野内にオートフォーカス/近距離オートフォーカス用フレーム、近距離撮影範囲マーク、倍率0.42倍~0.81倍、視野率84%
EE機構 複合型SPC素子使用、3分割測光による完全自動プログラム式EE、測光連動範囲=EV2.5~19(ISO 100)、+2EV自動露出補正機構付き(逆光自動検知)、フィルム感度使用域=ISO 50~3200(DXコード)
内蔵スピードライト 固定式内蔵スピードライト、ガイドナンバー11.8~14.4(ISO 100・m)、焦点距離可変に連動するズーム式、低輝度/逆光自動検知、スローシンクロ/日中シンクロ可能
使用電源 6Vのリチウム電池2CR5型1個
フィルム装填・給送 フィルム位置合わせ、裏蓋閉じで自動セットされるオートローディング、内蔵モーターによる自動巻き上げ、巻き上げ速度は1コマと2コマ/秒の切り換え式
フィルムカウンター 上面部7セグメントLCD表示式、順算式、巻き戻しに連動してコマ数が逆算する可逆式
フィルム巻き戻し 内蔵モーターによる完全自動式(途中巻き戻し可能)
大きさと質量 153×93×68mm、640g(電池含む)
カタログ