フィルムカメラ

35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ

EOS-1V

EOS-1V

EOS-1V

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 2000年(平成12年)3月
発売時価格 270,000円

EOS-1Vは、EOS-1Nの後継機として開発されたプロ用最高級AF一眼レフカメラで、多彩な先進技術を搭載している。No.1AF性能の実現:約9コマ/秒の連続撮影に追従する動体予測AIサーボAF(PB-E2装着時)と被写体捕捉能力に優れた高速・高精度45点エリアAF。
高速連続撮影:最高約10コマ/秒の高速連続撮影(PB-E2装着時)。プロの過酷な要求に応える信頼性の更なる向上:EOS-1N、EOS-3を上回る優れた防滴・防塵性、最新のチクソモールド成形技術によるマグネシウム合金製高強度外装、作動耐久15万回を実現した。EOS-1Nの基本性能継承と更なる充実:先進のEOS-3露出制御システムのプロ対応化を行い、1/8000秒、X=1/250秒の高速シャッターを搭載。
ファインダー仕様と基本操作はEOS-1Nに準拠統一し、EOS-1N系底面装着システムアクセサリーも共通化した。
撮影データ記憶機能搭載:36枚撮りフィルム100本分(標準設定状態)のデータが記憶でき、コンピュータ上での閲覧・編集が可能(ES-E1使用)となった。
多彩なカスタマイズ機能:20種のカスタム機能、31種のパーソナル機能を搭載。
コンピュータとの通信機能:EOSリンクソフトウェアES-E1が同時発売された。マクロアクセサリーの充実:EF100mm F2.8USM、マクロリングライトMR-14EX同時発売。

型式 モータードライブ内蔵フォーカルプレーンシャッター式35mm 一眼レフレックスAF・AEカメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ キヤノンEFレンズ群
マウント キヤノンEFマウント(完全電子制御式)
ファインダー ・方式:ペンタプリズム使用、アイレベル式
・視野率:上下左右とも100%(アイポイント 20mm)
・倍率:0.72倍(-1dpt、50mmレンズ・∞)
・標準調整:-3~+1dpt視度調整機能内蔵(標準視度 -1dpt)
フォーカシング
スクリーン
交換式(9種類)、Ec-C IIIタイプ標準装備
ミラー ・クイックリターン式全面ハーフミラー (反射:透過=63:37、ミラー切れ:1200mm F5.6までなし)
ファインダー
情報
(1)視野内:エリアAFフレーム、AFフレーム、中央部スポット測光範囲
(2)視野外下部:マニュアル露出、AEロック、ストロボ充電完了(点灯)、FEロック時の連動範囲外警告、ハイスピードシンクロ(FP発光)、シャッター速度、FEロック(FEL)、バルブ(buLb)、AFフレーム選択モード、深度優先AE(dEP1,2)、絞り数値、露出補正/ストロボ調光補正、合焦マーク
(3)視野外右部:露出段数目盛(±3段)、露出レベル、調光レベル、フィルムカウンター、フィルム逆算マーク
被写界深度確認 絞り込みボタンによる
アイピース
シャッター
内蔵
測光方式 21分割SPC使用・TTL開放測光
(1)評価測光(全てのAFフレームに対応)
(2)部分測光(中央部・ファインダー画面の約8.5%相当)
(3)中央部スポット測光(中央部・ファインダー画面の約2.4%)
(4)AFフレーム連動スポット測光(ファインダー画面の約2.4%)
(5)マルチスポット測光(最大入力回数8回)
(6)中央部重点平均測光
露出制御方式 (1)プログラムAE(シフト可)
(2)シャッター優先AE
(3)絞り優先AE
(4)深度優先AE(シフト不可)
(5)E-TTLプログラムストロボAE
(6)A-TTLプログラムストロボAE
(7)TTLプログラムストロボAE
(8)マニュアル露出
(9)バルブ
((2)(3)セイフティシフト可)
測光範囲 全測光モードともEV 0~ 20(常温・50mm F1.4 ISO100)
使用フィルム
感度
ISO6~6400(DXコード自動設定ISO25~5000)
露出補正 (1)AEB:1/3段ステップ ±3段
(2)手動露出補正:1/3段ステップ±3段(サブ電子ダイヤルによる)
(1)(2)の組み合わせ使用可能
AEロック (1)自動AEロック:ONE SHOT AF+評価測光時、合焦と同時にAEロック
(2)手動AEロック:AEロックボタン押しによる。全ての測光方式で可能
多重露出 1度に9回まで設定可能(途中解除/再設定可)多重露出終了後自動解除
AF方式 CMOSセンサーによるTTL-AREA-SIR方式
AFフレーム 45点エリアAF
測距輝度範囲 EV 0~18(ISO100)
フォーカス
モード
(1)ONE SHOT AF:一度合焦するとAF作動終了→AFロック
(2)AI SERVO AF:露光開始まで、被写体の移動に追従し常に動き続ける。合焦表示なし、NGのみ、合焦マーク8Hz点滅表示
(3)手動ピント合わせ:レンズのフォーカスモードスイッチMF(またはM)時、フォーカスリング操作による。電子式手動フォーカスレンズの連続撮影・露光中フォーカスは、PB-E2+NP-E2装着時に可能
AF合焦表示 ファインダー内スーパーインポーズ(カスタム機能により有無選択可)、合焦マーク、および電子音“ピピッ”(メインスイッチにより有無選択可)による告知合焦音の有無・選択可
AFフレーム選択 (1)AFフレーム自動選択:カメラによる自動選択
(2)AFフレーム任意選択:任意の1点を手動選択
AFフレームの
登録・切り換え
任意選択の1点、または45点自動選択のいずれかを選択、アシストボタンとFEロックボタン同時押しで登録。登録AFフレームへの切り換えは、アシストボタンとAFフレーム選択ボタン同時押しによる
AFフレーム
選択表示
ファインダー内スーパーインポーズと表示パネルによる
AF補助光 専用ストロボ使用時、必要に応じてストロボから自動投光
シャッター ・方式:縦走りフォーカルプレーン式・全速電子制御シャッター
・シャッター速度:1/8000秒~30秒(1/3段ステップ)、X=1/250秒
・レリーズ方式:ソフトタッチ電磁レリーズ
セルフタイマー 10秒後/2秒後撮影の2種
フィルム装填 自動、フィルムセット後、背ぶたを閉じると1コマ目まで自動空送り・停止(約1秒)
巻き上げ方式 内蔵モーターによる自動巻き上げ
(1)EOS-1V単体:1枚/連続撮影の2モード
(2)EOS-1v HS(パワードライブブースターPB-E2装着時):超高速、(NP-E2使用時)/高速/低速/1枚撮影の4モード
巻き上げ速度

連続撮影Tv=1/250秒以上の条件にて右記の通り[コマ数/秒]

形態 使用電源、巻き上げモード:ワンショットAF、マニュアルフォーカス/AIサーボAF
EOS-1V単体 リチウム電池2CR5×1個、連続:3.5/3
バッテリーパックBP-E1装着時 単3形アルカリ乾電池×4本、連続:3.5/3
EOS-1v HS(パワードライブブースターPB-E2装着時) ニッケル水素パックNP-E2、超高速:10/9
ニッケル水素パックNP-E2、高速:7/7
ニッケル水素パックNP-E2、低速:3/3
単3形アルカリ乾電池×8本、高速:6/5
単3形アルカリ乾電池×8本、低速:3/3
パワードライブブースターE1装着時 単3形アルカリ乾電池×8本、高速:6/5
単3形アルカリ乾電池×8本、低速:3/3
赤外フィルム使用 可能
巻き上げ本数 ・24枚撮りフィルム/(36枚撮りフィルム)
・常温(20°C)約75本/(約50本)
・低温(-20°C)約18本/(約12本)
EOS-1V単体+EF50mm F1.4 USMレンズ、当社試験条件による
フィルム
巻き戻し
フィルム終了と同時に自動巻き戻し、途中巻き戻し可能
巻き戻し時間/
作動音
24枚撮りフィルム/(36枚撮りフィルム)
(1)高速巻き戻し:約4.5秒(8)秒/約59dB
(2)サイレント巻き戻し:約12秒(18)秒/約49dB
フィルムID
写し込み
・内容:任意設定番号(00~99)とフィルム番号(001~999)
・位置・大きさ:フィルムリーダー部0コマ目に写し込み、文字高約1mm
・方式:フィルム空送り完了後、ミニランプによりフィルムベース面から透過型LCD数値を写し込む(写し込みOFF不可)
・写し込み確認:写し込み中、表示パネルのIDマーク点灯
・保証温度:+45~-10°C
・電源:カメラ本体と共用
撮影データ記憶 ・方式:撮影時、カメラ本体の内蔵メモリーに撮影データを自動記憶、コンピューターへデータ転送して撮影データの表示・編集を行う
・記憶データ:任意設定番号、フィルムID番号、フィルム装填日時、DXフィルム感度、フレームNo.、撮影モード、開放絞り数値、シャッター速度、絞り数値、手動設定ISO感度、露出補正量、ストロボ調光補正量、ストロボモード、測光モード、焦点距離、巻き上げモード、AFモード、バルブ露光時間、撮影年月日、撮影時刻、カスタム機能設定状態、AFフレーム選択状態、多重露出、ピントの合ったAFフレーム、電池を入れた日時 (カメラ単体では撮影データの確認・編集不可)
・記憶可能本数:標準状態で36枚撮りフィルム100本分
フラッシュ接点 (1)アクセサリーシュー部:シンクロ接点
(2)本体右・側面下部:シンクロ端子(ロックねじ付き)
外付けストロボ
システム対応
E-TTL自動調光、A-TTL自動調光、TTL自動調光
カスタム機能 20種内蔵(No.0~19)
(0) フォーカシングスクリーンの特性にあわせる
(1) フィルム自動巻き戻しの設定
(2) フィルム巻き戻し完了時のフィルム先端状態
(3) DXコード、フィルム感度の自動セット
(4) AF作動/AEロック
(5) マニュアル露出時のシャッター速度、絞り数値の設定
(6) 露出設定ステップ
(7) USMレンズの電子式手動フォーカス
(8) フィルムカウンター表示
(9) AEB撮影順と解除の有無
(10) AFフレームの点灯
(11) AFフレームの選択方法
(12) ミラーアップ撮影の設定
(13) AFフレーム数の選択とスポット測光
(14) 日中シンクロのストロボ調光自動低減コントロール
(15) ストロボシンクロタイミング
(16) セイフティシフトの設定
(17) AFフレームの領域拡大
(18) 登録したAFフレームへの切り換え
(19) レンズのAFストップボタン機能を変更する
パーソナル機能 別売のEOS リンクソフトウェア ES-E1を用いてパソコン上で設定可
各機能のON/OFFはカメラ本体で可能
(0)カスタム機能のグループ登録
(1)撮影モードを限定する
(2)測光モードを限定する
(3)マニュアル露出撮影時の測光モードを指定する
(4)シャッター速度の上限、下限値を設定する
(5)絞り数値の上限、下限値を設定する
(6)撮影モードと測光モードの登録・切り換え
(7)連続撮影時、AEB撮影を繰り返し行う
(8)AEB撮影を初めの2コマ分だけ行う
(9)C.Fn-9-2、3のAEB撮影順をプラス補正→標準→マイナス補正の順に行う
(10)プログラムシフトのシフト量を保持する
(11)多重露出撮影を解除しない
(12)AIサーボAFの被写体追従敏感度を変える
(13)AIサーボAF連続撮影を巻き上げ速度優先で行う
(14)レンズ駆動によるピント検出(サーチ駆動)を行わない
(15)AF補助光の投光を禁止する
(16)ピント固定・シャッターボタン全押し状態で、合焦したら自動撮影する
(17)AFフレーム自動選択を選べないようにする
(18)C.Fn-11-2設定時にAFフレーム自動選択を可能にする
(19)パワードライブブースター装着時に各巻き上げモードの速度を設定する
(20)連続撮影時の撮影枚数を制限する
(21)撮影後、シャッターボタンOFFで静粛(低速)巻き上げ
(22)フィルム未装着時のレリーズを禁止する
(23)各種タイマー保持時間を変更する
(24)バルブ撮影中、表示パネルの照明を消さない
(25)クリアボタンON時の初期状態を変更する
(26)レリーズタイムラグを最速化する
(27)電子ダイヤルの設定方向(回転)を反転する
(28)サブ電子ダイヤルによる露出補正を禁止する
(29)撮影データの残り記憶可能本数が少なくなったことを知らせる
(30)フィルムID写し込みの濃さを変更する
リモート
コントロール
リモコン/通信端子標準装備、端子保護用・防滴防塵ゴムキャップ付き
電源 (1)EOS-1V単体:リチウム電池 2CR5×1個
(2)EOS-1v HS(パワードライブブースター PB-E2付き):単3形電池×8本、またはニッケル水素パックNP-E2(別売)
(3)バッテリーパック BP-E1:リチウム電池2CR5×1個と単3形電池×4本
(単3形リチウム電池使用不可)
バッテリー
チェック
メインスイッチONで自動バッテリーチェック、表示パネルのバッテリーチェックマーク4段階表示(消灯を含めると5段階表示)
大きさ(幅×高さ×奥行) ・EOS-1V:161×120.8×70.8mm
・EOS-1v HS:161×164.3×82.5mm
質量 ・EOS-1V:945g(本体のみ、電池除く)
・EOS-1v HS:1380g(本体のみ、電池除く)
カタログ
カタログ