選手紹介 - Skaters -

李子君※2015/2/5更新

プロフィール

パーソナルベスト

今季のプログラム

スポーツライター 野口美恵's EYE

ISU 四大陸フィギュアスケート選手権 2015

中国女子のエースとして期待を集める18歳。ジュニア時代から注目を集めてきましたが、今季はジャンプがやや不調で、中国杯6位、NHK杯7位と彼女としては納得がいかない内容でした。中国の国内選手権では4勝目を挙げ、シーズン後半戦での本領発揮に向けて、準備は整ったと言えるでしょう。

ジャンプは「3回転フリップ+3回転トウループ」と「ダブルアクセル+3回転トウループ」を得意としており、どちらも細い回転軸で、クリーンに決める実力を持っています。無駄な力を使わずに、クセのない理想的なフォームでジャンプを決める事が出来ます。

ショートは、バレエ『くるみ割り人形』より『花のワルツ』です。李らしい、可愛らしさの溢れるプログラム。今季は特に身体が華奢になり、可憐なワルツを軽快に滑りこなしています。

フリーは『ムーン・リバー』で、こちらは大人の魅力を加えた作品。18歳になった李が、新しい一面を表現しようと挑戦しています。これまでに比べると滑りの“伸び”を魅せたい作品ですが、今季前半戦はちょっとスタミナ切れが目立ち、伸びやかさはまだ出せなかったのが残念なところ。もともとは実力のある選手なので、さらに滑り込むことで良い作品に仕上げてくことでしょう。

昨季の四大陸選手権では、ショートで自己ベストを更新し、銅メダルを獲得。中国女子にとって初の同大会でのメダル獲得に、話題を集めました。2013年世界選手権、2014年四大陸選手権と180点を超え、女子トップグループとしての地位を固めていたものの、コーチ変更の影響もあるのか今季はまだ力を出し切っていません。中国女子で唯一のトップ選手として、復調が強く望まれています。

韓国での四大陸選手権、そして母国中国での世界選手権と、応援を味方にできる試合が続きます。李らしい可憐さと艶やかさの入り交じる、魅力的なプログラムを披露してくれることを願いましょう。

他の選手を見る

もっと見る(選手一覧へ)