canon キヤノン

CPS

CPS

プロサポート理念

映像(静止画/動画)は、人類の記録・文化・文明の発展に貢献してきました。
今後も未来も、映像の持つその重要な役割は変わらない。
キヤノンは、それらの映像を撮るプロフォトグラファー(個人・集団・法人・ロボット)を、積極的にサポートし、映像記録・映像文化の発展に貢献したい。
それが、当社の一つの理念であり、ミッションであると自負している。

スポーツもまた、人類の記録・文化の重要な一つである。 キヤノンはこれまで、国内外の様々なスポーツイベントの舞台裏で、プロフォトグラファーをサポートしてきました。 当社の持つ技術とノウハウが「カメラ」「レンズ」という形で、アスリートやそれを取り巻く「貴重な瞬間」を捉えるプロフォトグラファーの道具として、貢献してきました。

そして、いかなる状況、厳しい環境下においてもプロフォトグラファーの業務を止めない「ゼロダウンタイム」を提供すべく「プロフォトグラファーが撮影するその現場にできるだけ近い場所でサービスを提供し、サポートしたい。」

それを実現するのが、CPS(Canon Professional Service)である。
プロ向けのカメラとレンズを導入して以来、長期間に渡りスポーツの現場で、CPSを提供してきました。
その長年の蓄積されたノウハウを駆使し、今年開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会、そして東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に参加するプロフォトグラファーをサポートします。

キヤノンはこれからも、決定的瞬間、感動の瞬間を撮影するプロフォトグラファーをカメラ・レンズ + 先端技術と、CPSで支え続けます。

※キヤノンは、東京2020ゴールドパートナー(スチルカメラ&デスクトップ・プリンター)です。