Canon

作品詳細

天球院方丈障壁画 籬に草花図襖まがきにそうかずふすま

狩野山楽・山雪

  • 「天球院方丈障壁画 籬に草花図襖」 狩野山楽・山雪
  • 「天球院方丈障壁画 籬に草花図襖」 狩野山楽・山雪
  • 「天球院方丈障壁画 籬に草花図襖」 狩野山楽・山雪
  • 「天球院方丈障壁画 籬に草花図襖」 狩野山楽・山雪

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
狩野山楽・山雪(かのうさんらく・さんせつ)筆
時代:
江戸時代 17世紀
材質:
和紙に印刷・金箔貼付
員数:
襖十八面
テーマ:
歴史をひもとく文化財
寸法:
西側四面 各 縦190.0 × 横141.7 cm
北側四面 各 縦182.7× 横93.9 cm
東側中央部二面をのぞく四面 各 縦178.8 × 横83.9 cm
東側中央部二面 各 縦178.8 × 横80.3 cm
南側四面 各 縦178.8 × 横87.3 cm
寄贈先:
臨済宗妙心寺派 天球院地図
制作期:
第6期制作:下間二の間西側四面
第8期制作:下間二の間北・東・南側十四面
原本
所蔵:
臨済宗妙心寺派 天球院
材質:
紙本金地着色
解説

天球院方丈、下間二の間は通称「朝顔の間」とも呼ばれている。全十八面の襖絵には、籬と花々が描かれ、リズムのような曲線を生み出している。北側には鉄線とかざぐるま、西側には朝顔、東側には、後方の山と対照的に伸びるかざぐるま、そして南側には金地に白が映える百合が描かれている。それぞれが一体となり、部屋全体を優美で華やかでありながら爽やかな空間に創り上げている。

作品紹介へ